NEWS増田貴久、伝説の“不憫エピソード”をラジオで再現! 人違いが招いた災難とは……

2018.4.5

 さらに、増田本人も“伝説”だという不憫エピソードも語られる。東京ドームで行われたKinKi Kidsのコンサートに、シンメで出演した増田と五関。リハーサルでJr.全員がステージにいなければいけない場面で、五関1人だけ不在だったのだが、振付師は増田がいないと勘違いし、「増田ー! どこにいるんだ増田ー!!」と大激怒していたとか。そのときA.B.C-Zのメンバーも現場にいたようで、塚田僚一は「ドームが“増田”で鳴り響いた」と当時の状況を説明していた。

 ステージにいるのに怒られている増田は、「いますよー! ここにいますよー!!」と思い切り手を振りアピールしていたそう。そこでようやく五関が登場し、今度は五関が怒られるかと思いきや、振付師は「なんだ、五関か」の一言で終了。増田が明かすところによると、「オレも(振付師と)同じぐらい叫んでたもん。ノーマイクで『いますよー!』って!」と必死にアピールしていたものの、不憫な扱いをされてしまったようだ。

 この話は雑誌などで語られることはあったが、これまでNEWSとA.B.C-Zの共演がほとんどなかったこともあり、本人たちの口で“再現”されたことにファンは歓喜。「まっすーと五関くんの話めっちゃ笑った! もっと聞きたかったぐらいだよ~!」「まっすーと五関くんの思い出話、本人たちの口から聞けたのすごく新鮮!」「ラジオだと怒鳴られ方が伝わってきて、さらにまっすーがかわいそう(笑)相当な『増田ー!』だったんだね」との反応が。今だから笑えるエピソードが聞けて喜んだファンは多かったようだ。

 苦楽をともにしてきたメンバーなだけあって、まだまだおもしろエピソードが眠っていそう。ファンからは、NEWSが司会を務める『ザ少年倶楽部プレミアム』(NHK BSプレミアム)にA.B.C-Zの出演を熱望する声もあるが、ぜひ実現してほしいものだ。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

A.B.C-Z NEWS 五関晃一 増田貴久 関連記事