国分太一、『DASH』での城島茂を尊敬しつつも「いつあのキャラが誕生したのか……」

2015.9.17

『DASH』では茂子も誕生したしな。

『DASH』では茂子も誕生したしな。

先日、元TBS社員との結婚を発表したTOKIO国分太一。そのこと自体も大きな話題となったが、報道後に新CMの発表会に登場したグループのリーダー・城島茂が自身の結婚を聞かれた際に、「太一くんみたいに『ビビット』来る相手がいたらと思うんですけど、当面は無人島での仕事が残ってますので……」と、国分がMCを務める情報番組の名前をかけた“親父ギャグ”と、自身の結婚よりレギュラー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)での「DASH島」が優先とばかりの発言も、ネット上で賞賛を集めていた。

9月11日に放送された『国分太一 Radio Box』(JFN)では、その国分が城島への思いを語った。

リスナーから「私は城島くんが大好きなのですが、国分さんは城島くんをどのようなリーダーだと思っているのか教えてください」という直球の質問を受け、国分は「リーダーのことをさ、ラジオでお話しするなんてのはね、なかなか無いことですからね」と渋りながらも、まずは出会いから回顧。TOKIOのメンバーの中で、1番先に事務所に入ったのが城島で、次に入ったのが国分だったことに触れ、「だから僕が14歳くらいの頃から、たぶんリーダーは僕のことを知っていて……」と言いかけると、「うーん」と思い出を回想しているかのような間があり、「でもさ、本当に、(リーダー)頑張ってるよね」としんみり言葉を漏らした。

その発言に笑いが起こると、国分は「だってリーダーはもともとすっげーカッコつけてた人ですよ? 2枚目で売ろうとしてたと思うし。(インタビューなどで)『ひと言お願いします』っていうときも、ずーっとカッコつけてたからね」と当時を思い出しながらも、「それからどこのタイミングでああいうキャラクターが生まれたのかわからない」と不思議がっていた。

その後、「やっぱね、芸能界で生き残るって本当に大変なことだと思うんですよ。アイドルなんてピークがあって、そのピークを越えていったら、どんどん下がっていくものだと思うんですよ。でもそんななか、自分たちは、たぶんタレントさんとかにマイナーチェンジしていけたんだろうね」と語り、『ザ!鉄腕!DASH!!』が始まったことがきっかけで「(TOKIOが視聴者の)身近な兄ちゃんみたいな存在になれた」と分析していた。

また、国分はTOKIOのタレント性として“知識を持っている”という点を挙げ、「石のきれいな割り方とか、なかなかほかのタレントさんとかできないと思うんですけれども、リーダーはこのお仕事をしながら今も勉強を続けていて、それをスマートに話せる。『これはこうやったら割れるんやで』って石を割った時とか、すげぇかっこいいなと思う」と城島を尊敬している様子。さらに今回、質問を送ったリスナーが城島と同学年であることを知ると、「こうやって男性の同世代からも『大好きです』なんて好印象持たれることが、リーダーの持つ武器だと思う」と語っていた。

しかし、最後に国分は「ただ、ああいう人になりたいって気持ちは別にないんですけどね」と笑いながら一歩距離を置いたような発言も。国分が結婚を決めた背景には、もしかすると城島を反面教師にしていた部分もあったのかもしれない!?

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

TOKIO 国分太一 城島茂 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報