Sexy Zone菊池&中島、『少クラ』で“MC力”を見せ付ける! 「ふまけんの司会最高!」とファン絶賛

2018.4.16

 今回特にファンが盛り上がったのは、Sexy Zoneがデビューする前に菊池・中島とともにJr.内ユニット「B.I.Shadow」として活動していた「SixTONES」の高地優吾との仲良しトーク。高地は「昔から使っているバスタオル」が捨てられないものらしいのだが、「ボロボロになっても使っている」「ちょっと黄ばんだ……」と高地が語ると、菊池が「きったねえ!」「気持ち悪い!」と暴言を吐きまくり。しかし、その間も3人はニコニコの笑顔を見せており、冗談が言える彼らの関係性を象徴しているようであった。

 また、「Travis Japan」川島如恵留や、「SixTONES」ジェシーが登場した際にも、菊池と中島、そしてJr.は敬語を使わずに接しており、非常にリラックスした状態でトークしていることがうかがえた。特にジェシーが登場した時は、菊池が思わず「2、3次会のテンションになっちゃった」と反省しており、“テレビ用”ではなく普段の会話に近いトークになってしまったと語っていた。

 今後も2人がこのコーナーを担当するのかと思いきや、「何カ月かに1回やりたいよね、『Jr.にQ』(のMC)」と菊池が発言。これに中島も「今日から今日までなんですよね?」と確認しており、どうやら「Jr.にQ」のMCも交代制の様子。菊池は「今回の反響によっては(再登場が)あるんじゃないですか?」と言っていたが、ファンからは絶賛コメントが多数。「今回の『Jr.にQ』超面白かった! ぜひこれからも“ふまけん”でお願いします! 」「“ふまけん”の司会最高! Jr.と年代が変わらないから、“ふみとつ”とは違った目線で話せる感じがイイ!」「MCに慣れてる感じがするし、『Jr.にQ』意外でも司会やってほしいくらいだわ!」と、司会継続を熱望するファンが続出していた。

 4月から編成が変わり、よりJr.にフォーカスした番組になった『ザ少年倶楽部』。これからも新たな試みでファンを楽しませてほしいものだ。

(吉本あや/ライター)

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Sexy Zone 中島健人 菊池風磨 関連記事