『母さん、俺は大丈夫』のプロデューサーが明かす、山田涼介&増田貴久の起用理由

2015.8.26

『母さん、俺は大丈夫』のプロデューサーが、山田涼介&増田貴久の起用理由を明かす

山ちゃんの演技、素晴らしかった!

<ジャニタレ掲載誌チェック!!>

「QLAP!」2015年9月号(音楽と人)に、8月22日に放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)内ドラマ『母さん、俺は大丈夫』で兄弟役として共演したHey!Say!JUMP山田涼介とNEWS増田貴久が登場した。

同ドラマのプロデューサー・櫨山裕子は、特集ページにて山田について「これまでは漫画が原作の“少年ヒーロー”的な役柄が多かったんですが、彼も今年22歳。等身大の人間の葛藤や喜び、苦しみといった内面の部分を演じてほしいと思い、オファーしました」と起用理由を明かした。一方、増田に対しては、「お兄ちゃんは原作だと家族の中でいちばん普通っぽいんですね、もちろん、さまざまな悩みも抱えているんですが、それを感じさせない雰囲気が、増田くん本人の“のほほん”としたキャラクターに合っているんじゃないか」と増田と役柄の相性を見込んだと話す。

そんなプロデューサーの意図を汲んでか、それぞれの演技の方向性も異なっていたようで、山田は「演技を越える演技をしない」と、決して大げさにならず、リアリティのある立ち居振る舞いを心がけていたよう。対する増田は、「感情のままに行動するというか、絶妙な抜け感が表現できていればいいなって思ってますね」と、素直なキャラクターを前面に出すように心掛けたのだとか。

そんなふたりは撮影現場でも仲が良かったらしく、山田は「自分が知らないことを先輩としてしっかり教えてくれるところが頼りになるしカッコイイ」と増田を慕い、増田もまた「オレは今回、主演の山田くんを少しでもサポートできればなと思ってて」と明かした。実際、ドラマの視聴者の評判は上々で、ツイッターでは「増田の優しさを見ているだけで泣きそうになる」「本当の兄弟みたいだった」との声も寄せられていた。

また、同作の試写会においては、闘病シーンの撮影に向けてダイエット中に山田の前で、差し入れの肉巻きロールをノンストップでお腹に収めていたという増田が「山田くんの冷たい視線を感じました」と発言しネットでも話題となったが、そんな冗談を言い合えるのもふたりの距離感ならでは。

ジャニーズタレント同士で兄弟役を演じたドラマ作品としては、嵐・二宮和也と関ジャニ∞錦戸亮の『流星の絆』(TBS系)、KAT-TUN亀梨和也とHey!Say!JUMP中島裕翔の『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)、そして錦戸と山田が演じた2009年の『24時間テレビ』のスペシャルドラマ『にぃにのことを忘れないで』などが挙げられるが、今作もジャニーズだからこそ表現できる“兄弟愛”がにじみ出た作品となったのではないだろうか。

コメント

  1. 4+FAN より 2015年8月26日 8:44 PM

    私自身も見てて涙が止まりませんでした。涼平の強い心、哲平の優しい心に胸が打たれました。

    - -

    -
  2. 匿名 より 2015年8月26日 10:27 PM

    山田は顔はキレイだけど、そのせいも有って全くリアリティが無いんだよね。演技もアレだけど。
    人間以外の役やれば?アンドロイドとか。人間やるなら、やっぱりアイドル役やるのが等身大だね、彼の場合は。
    増田は、対照的に地味すぎてジャニタレだと暫く気付かなかったよ。まぁ演技もアレだし。でも、その辺の兄ちゃん役には見た目はぴったりだね。

    - -

    -
  3. 匿名 より 2015年8月27日 11:33 AM

    出来すぎな子★我が子の様な山田涼介君。Jr.の時から大好き

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Hey!Say!JUMP NEWS 増田貴久 山田涼介 関連記事

Hey!Say!JUMPのチケット情報