国分太一、山口達也をサーフィンに誘いたいけどしない“アラフォーならではの気遣い”

2015.10.28

国分太一、山口達也をサーフィンに誘いたいけどしない“アラフォーならではの気遣い”

ジャニ研はオジサンたちのイチャつきも見逃しません!

 10月23日に放送された『国分太一 Radio Box』(JFN)で、TOKIOの国分太一が、メンバーの山口達也に対してあまり素直に甘えられない理由を明かした。

 冒頭でリスナーからの「先日、山口くんのラジオで、太一くんがサーフィンをやりたいと言っているというお便りが紹介されました」というメッセージを読み上げると、国分は「紹介されちゃったかぁ。本物のサーファーに紹介されちゃったかぁ」としみじみ。

 この話題が取り上げられたのは、9月20日の『TOKIO WALKER』(NACK5)。リスナーから「太一くんが『サーフィンやりたい』と言ってたが、太一くんにアドバイスを!」というメッセージを受けた山口は、10年前に、DVDシングル「僕の恋愛事情と台所事情」のPV撮影でハワイに行った際、国分・山口・長瀬智也の3人でサーフィンをしたことを明かしていた。山口は「さすが太一くん、器用ですよね。初め結構苦労してたけど、器用にサーフィンできてましたよ。(中略)やっぱ、太一くんって、スゴいと思う」「ぜひいい企画があれば一緒にやりたいですよね」と、国分の運動能力を評していた。

 しかし、「ぜひ山口くんとサーフィンの企画を考えてください」というリスナーからのお願いに対し、国分は「山口くんはサーフィンの連載とかやってるから、山口くんが言えばいいんだよね。山口くんが、『太一連れて来たいんだけど』って」と回答。どうやら、自分から誘うことに抵抗がある様子だ。実際、国分は「なかなか恥ずかしくて言えないんだよね、『サーフィン行きたいから連れてって』って。このぐらいの年齢になってくると、いろんな気持ちが邪魔しちゃう」と、複雑な心境を吐露した。

 国分は、TOKIOの中で年齢的には3番目で、兄弟関係に例えると、上と下のバランスを取らなければいけない“真ん中っ子”タイプ。国分は一番年上の城島茂に対しては、以前の同番組の放送で「男性の同世代からも『大好きです』なんて好印象持たれることが、リーダーの持つ武器だと思う」と尊敬の念を示し、城島より歳が近い山口に対しては、2011年に放送された番組『5LDK』(フジテレビ系)で、「山口くんはなんでも『大丈夫』って言う。ほんとにほっとする」と、頼りにしていると明かしていた。

 しかしながら、今回の放送で国分は「どっかでね、『オレのプライベートの時間を山口くんに割いてもらうっていうのは、山口くんのプライベートではない』って思ったり」と、近しい存在だからこその遠慮があることも明かし、自身の性格を「やっぱ小心者だ」と評していた。国分にとって山口は、信頼している相手だからこそ、迷惑をかけたくない面もあるのだろう。アラフォーのグループならではの、メンバー間の気遣いが感じられる放送だった。

コメント

  1. 名無しだJ より 2015年10月28日 8:12 PM

    やっばちょっと腹黒い感ある

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2015年11月16日 10:14 PM

    は?いい加減なこと言うな!TOKIOファンでもないくせに!

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2015年11月16日 10:16 PM

    記事も読まずにコメントしてるバカアンチ。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

TOKIO 国分太一 山口達也 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報