“普通に壁ドンしてた”KAT-TUN田口淳之介の至言「あれは美男美女がやるから良い」

2016.1.8

“普通に壁ドンしてた”KAT-TUN田口淳之介の至言「あれは美男美女がやるから良い」

田口、意外と魔性の男なんだよな

 少女マンガや恋愛ドラマの中で「女性に強引に迫るシチュエーション」を象徴する形で描かれ、女性たちをトキめかせている「壁ドン」。同じように、女性たちにときめきや夢を与える男性アイドルは、「壁ドン」についてどう考えているのだろうか。1月4日深夜に放送されたラジオ『KAT-TUNのがつーん』(文化放送)、中丸雄一と田口淳之介が「壁ドン」についての持論を語った。

 番組内のコーナー「がつーん 一刀両断」に、「現実世界の壁ドンはアリか? ナシか?」というメールが寄せられたことが事の発端。このメールを聞いた田口は、「オレ中学校の頃とか、女子に普通にやってたけどな~」とまさかの告白。中丸も思わず「どんな生徒だよ!! 誰相手に? 意味わかんない」と猛ツッコミ。田口いわく、女子と話している際に自分の体重を支えるために壁に手をつき、「結果壁ドンになってた」という。しかし、「今使われている意味での壁ドンはナシ。恥ずかしくない?」と続けた。

 一方中丸は、「世の女性は壁ドンをされて本当にうれしいのか?」という疑問に囚われているようで、「世の中の空気的に、なんとなくいいって言ってるんじゃないの?」「どうなの?」と執拗に投げかけた。それに対して田口が出した答えは、「憧れるんじゃない? それこそ映画やドラマでやってて。でも、あれは美男美女がやるから良いんですよ」と身も蓋もないものだった。

 壁ドンについてやたらシビアな彼らだが、番組の前半では自分たちのキャラがゲームになってほしいという話に。「V6さんとかやってるじゃん。あれどういう気持ちなんだろうね」と、恋愛ソーシャルゲーム『ラブセン~V6とヒミツの恋~』を展開しているV6を引き合いに出していた。しかし「壁ドン」のみならず、「顎クイ」「股ドン」に対しても、「(なにがいいのか)全然わからない」とコメントする中丸・田口は、現実主義すぎて恋愛ゲームのキャラとしては不向きかも!?

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年1月8日 3:20 PM

    このグループは世界のイケメンが抜けた5年9ヶ月前に終わってるが、この10年を振り返ると誹謗中傷だけの10年間だったな。そして次に10年目を迎えるHey!Say!JUMPは自己紹介だけしてた10年間だった、そりゃあ辞めるわ(笑)

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年1月8日 8:22 PM

    あれがイケメンとかw

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2016年1月9日 6:55 PM

    ラブセンは初っ端から(坂本くんの満面の笑顔で)笑いが収まらなかったが果たしてあれは恋愛ゲームと言えるのだろうか…。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

KAT-TUN 中丸雄一 田口淳之介 関連記事

KAT-TUNの関連商品

あなたにおすすめのチケット情報