Hey!Say!JUMP山田&中島、「自分たちの実力不足」で東京ドームを埋められなかったことを認めた!

2016.1.23

Hey!Say!JUMP山田&中島、「自分たちの実力不足」で東京ドームを埋められなかったことを認めた!

スーパージャンプシートの衝撃は忘れないよ!!

 2015年は、『24時間テレビ38』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーをV6とともに務め、グループ初となる京セラドーム大阪での単独カウントダウンコンサートを成功させるなど、波に乗っているHey!Say!JUMP。特にカウントダウンコンサートは、申し込み多数だったためか、追加公演が決定するなど、その人気を感じさせた。

 そんなHey!Say!JUMPだが、「duet」2016年2月号(ホーム社)では、チケットの売り上げが伸び悩み、グループとして危機感を覚えた過去について、山田涼介と中島裕翔が明かしている。

 「JUMPの初体験」というトークテーマで、デビューコンサートとして異例となる東京ドーム公演でさまざまな失敗をした、と振り返る2人。中島が「でもさ、ドーム公演は、そのあともいろんなことがあったよね」と山田に話を向けると、山田は「だね。2年くらい前にやった東京ドームと京セラドームのことは、とくに」と、ほろ苦い思いを語り始める。

 それは、「ふつうお客さんの席になるはずのアリーナがブワーッと風船で埋まっていたり、ほかのグループにも応援に駆けつけてもらった」(中島)という状況で、「自分たちの実力不足を目の当たりにしたよね。オレらにはまだドームは早いのかなって」(山田)というほどの異常事態だったそう。

 2人の話から推測するに、これは13年に行われた『Hey!Say!JUMP 全国へJUMPツアー2013』の東京ドーム&京セラドーム大阪公演を指していると思われる。12都市・25公演規模のツアーだったが、チケット申し込みを締め切った後に、ファンクラブ会員にはドーム公演の申し込み延長のメールが届くなど、チケットの売れ行きが不安視されていた。ドーム公演に限ってはスーパージャンピングシートという特別席が用意され、東京公演ではA.B.C-Zが新曲を披露したりSexy Zoneのファンクラブ発足式が行われたりと、“後輩”の力を借りる形になった。特にSexy Zoneのファンクラブ発足式は、「なぜJUMPの公演でやるの?」「Sexy Zoneファンで席を埋める気だね」と双方のファンが紛糾したことも記憶に新しい。

 現実を見て発奮したのか、山田がその夜に初めて9人だけの話し合いの場を呼びかけ、「JUMP革命の夜」(山田)となったのだとか。中島も「あれでJUMPのみんなの意識が明らかに変わったから、いまがある!」というように、ドーム公演の屈辱はグループの局面を打破するためには必要な「痛手」だったようだ。

 今年は、1月9日に公開された中島主演の映画『ピンクとグレー』が公開2日間で動員7万6,759人、興収1億212万7,000円を記録するヒットとなった。山田主演の『暗殺教室~卒業編~』、知念侑李主演の『金メダル男』、同じく知念出演の『超高速!参勤交代 リターンズ』の公開が控えており、グループで出演するバラエティ『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)、『リトルトーキョーライフ』(テレビ東京系)なども好調。有岡大貴と八乙女光は『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の火曜日レギュラーとして4月で3年目を迎え、お昼の顔として一般的にも認知され始めている。

 仲の良さや柔らかな雰囲気から「ポスト嵐」との呼び声も高い彼らだが、実力も嵐に並べるように一層の飛躍を期待したい。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年1月24日 3:15 AM

    ワントップの売り方が間違っていただけ。
    歌う順番の話じゃない、売り方の話。
    山田、中島のツートップにするしかないでしょ。
    ジャニーズのことをわかってない一般人の食いつき方が違うじゃん。
    結局タレントの人気は理屈じゃない、事務所とファンが作ったストーリーで売れ始めるんじゃないってこと。
    ピングレなんて暗殺と比べたら格安の制作費なのに何でだってこと。
    このまま一般層をとりこめたらジャンピーングできるかもよ。

    ちなみに5人グループと9人グループでは、5人の方が成果が出やすい。
    9パターン売りで9倍にはならない。そういうものなんです。

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年1月24日 7:07 AM

    裕翔はドラマで新たなファンが増えてきたし
    伊野尾ちゃんもバラエティー出演が増えてきたし
    今までとは違った層のファンが増えて来ている
    お茶の間ファンかもしれないけどね

    - -

    -
  3. M より 2016年1月24日 9:27 AM

    山田と他のメンバーとの露出の差を出した事務所が悪いね
    9人もいるのにおかしいよ
    だから山田が引っ張らなきゃって重圧に押されて苦しむし
    他のメンバーは山田が引っ張ってくれるから、やってるくれるからいいやって少し責任逃れしてるとこあるんだよね
    昔はそれが前面に出てたから
    きっとメンバーが悪いっていうより、Hey!Say!JUMPをこうだ!っていうのを事務所が押し付けすぎたんだと思う
    デビューした時はまだみんな幼くて、大人のいうことを素直に聞くことしかできなかったけど段々大人になってまだそんな子供っぽいことやるの?もう子供じゃないよ。ってコンサートももう他のグループの力なんて借りないで自分達の力で自分達らしいコンサートをしたいって思い始めた
    事務所内の管轄が変わって
    メンバーが直談判して変えて
    その時は社長の怒りを買って、一時期いろんな番組、舞台から干されたけど
    そんなメンバーの過去の努力があってこそ今がある
    だから今は昔あった色んなことをゆっくりと振り返って思い出として語れる
    ポスト嵐は素敵な代名詞かもしれないけど
    Hey!Say!JUMPはHey!Say!JUMPだから
    いつか嵐みたいな大きいグループになれたらいいね

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Hey!Say!JUMP 中島裕翔 山田涼介 関連記事

Hey!Say!JUMPのチケット情報