「大体のオンナにもらった」「下駄箱に食べ物ってどうなの?」、バレンタインでも切れ味抜群の帝王・中丸雄一

2016.2.6

「大体のオンナにもらった」「下駄箱に食べ物ってどうなの?」、バレンタインでも切れ味抜群の帝王・中丸雄一

ファンの妄想小説/マンガへのネタ提供も怠らない帝王

 普段テレビ番組で見せる好青年イメージとは裏腹に、時折見せる横暴な言動や上から目線で、ファンからは“帝王”とも呼ばれるKAT-TUN中丸雄一。2月1日深夜に放送されたラジオ『KAT-TUNのがつーん』(文化放送)で、中丸と田口淳之介が学生時代のバレンタインデーについて話をした際にも、“帝王中丸”が出現した。

 冒頭のフリートークでは「学生」というテーマで、2人の学生時代を振り返る。2月に突入したばかりの時期ということで、バレンタインデーの話が浮上すると、田口は「思い出あります?」と中丸に尋ねた。中丸は「バレンタインあるよ。いっぱいあるよ。いっぱいもらったもんなー」とモテモテだったころの話を始めるが、「小学生かな、ピークは」という発言に田口は爆笑。

 すると中丸は「クラスの大体の“オンナ”からチョコをもらったよ」と、女の子を“オンナ”呼ばわりしていたことが発覚。ジャニーズアイドルの多くがファン女性を「女の子」「女の人」と敬愛を込めて呼んでいる中、中丸の態度は極めて異質であるといえよう。まさに帝王!

 さらに田口が、チョコレートをもらうときの理想のシチュエーションとして、「(下駄箱を)パカって開けて、(チョコが)ドサドサドサーみたいなの!」と、かわいらしい妄想を明かすが、中丸は「よくドラマであるシーン? ないだろうね」とバッサリ。さらに「オレ、よくよく思うんだけど、下駄箱に食べ物を入れるってどうなの?」と、追い打ちをかける始末だ。「けど、ラブレターとか入ってたらいいなって思う」と夢を語る田口だが、中丸は「今の子ってそういうのないんじゃない?」と打ち砕く。その無慈悲な発言は、ほとんど暴君といえるほどだ。

 中丸は、コンサートMCでも進行役を務めたり、日曜朝の情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)でもレギュラーを務めるなど、真面目できっちりとした性格。2015年10月15日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に出演した際には、落下系の絶叫マシーンを苦手としているにもかかわらず、富士急ハイランドのアトラクションを逃げずに体験し、KAT-TUNのコンサートDVDの宣伝をやりきった。基本的には責任感があるのだが、時折出てくる帝王な一面とのギャップに中毒性を感じる女性が多いのだ。

 ちなみに、小学生時代にモテモテだった中丸が、バレンタインのお返しとしてセレクトしたのは、「スーパーで母親が買った適当なキャンディ」。農民たちに重い税を課しておきながら、その見返りをほんの一ちぎりのパンで済ませる非道な帝王――それが中丸なのかもしれない。百姓一揆が起こらないことを祈るばかりだ。

コメント

  1. 赤西神 より 2016年2月7日 2:37 PM

    バレンタインなんて(あてつけの日)だろ、貰えない奴可哀想みたいな。
    365日股と言われた諸星様はモテ過ぎて今の平成生まれは特に可哀想、ファンの熱狂度も違いジャニーズは完全に大氷河期だな。皆んな辞めて中国行こう!

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年2月8日 1:57 PM

    支離滅裂すぎてウケるwwwwwww

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

KAT-TUN 中丸雄一 田口淳之介 関連記事

KAT-TUNの関連商品

あなたにおすすめのチケット情報