Sexy Zone松島聡は、Kis-My-Ft2二階堂高嗣を上回るモンスター!?

2016.3.11

Sexy Zone松島聡は、Kis-My-Ft2二階堂高嗣を上回るモンスター!?

聡ちゃんはいまからますますキャラを磨いてきますよ


 ジャニーズJr.時代から、イタズラ好きなお調子者として知られるKis-My-Ft2二階堂高嗣。Jr.時代は、人のお菓子を勝手に食べたり、ほかのJr.の洋服にお菓子を挟んでグチャグチャにしたりと、絵に描いたような悪ガキだったよう。デビュー後も、レギュラー番組でスカイダイビングに挑戦した時には、あまりの恐怖に「ちびっちゃった」と股間を抑えながら告白し、日本語検定にチャレンジする企画では、「小豆」を「つぶ」、「兆候」を「ちょうわ」と呼ぶなど、ジャニーズアイドルとしては“ギリギリ”な一面を見せている。

 さまざまな伝説を持つ二階堂だが、本人ですら「今、しゃべりながらも背筋が凍る」と慄いていたのが、SMAP香取慎吾とのエピソード。まだ二階堂が生意気なジャニーズJr.だったころのこと。ジャニー喜多川社長が香取をレッスン場に連れてきて「みんな、知ってるよね?」と紹介したところ、二階堂は大きな声で「誰それ、知らねー」と言い放ったという(『裸の時代』集英社より)。大先輩に非礼な態度だが、周囲に悪ガキと認知されていた二階堂だから許されたエピソードだといえよう。

 そんな彼が近年、交流を深めている後輩がSexy Zoneの松島聡。彼もまた「うるう年の存在を知らない」「カタカナに壊滅的に弱い」といったエピソードを持つ“モンスター”なのだが、天然な言動だけではなく、正直すぎる言動もまた二階堂以上のようである。

 それが明らかになったのが、二階堂と松島が対談した「ポポロ」2016年4月号(麻布台出版社)。まず互いの第一印象として、ジャニーズ野球大会の話に。大会後、二階堂がユニフォームなどを片付けていたところ、じっと見ている松島の視線に気づく。そこで「いっしょに片づけにいく?」と声をかけると、松島が放ったのが「行かねーよ、バカ!」というひと言。松島いわく「事務所に入ったばっかりで、誰が先輩で誰が同期かわかってなくて……」とのことで、松島自身はこのことをまったく覚えていないそう。しかし二階堂は「絶対言ったよ!!」と熱く訴えており、現在に至るまで何度も松島に文句を言うほど、このことを根に持っているよう。

 去年から、プライベートでごはんを食べにいくようになった2人。「焼き肉とかもんじゃ食べにいっても、ぜんぶ二階堂くんがやってくれるもん」と甘えっぱなしの松島だが、二階堂は「俺が勧めた食べ物とかキッパリ『いらないです』ってすぐ断るよね(笑)」とちょっと寂しそう。それに対し、「残したら悪いから」と言い訳する松島だが、二階堂はさらに「焼き肉をすごいおいしそうに食べてたから、次の週にまた焼き肉誘ったら、『焼き肉はこの間食べたから、今度は違う店がいいです』ってオーダーされる」と苦笑いしていた。

 先輩に対して、媚びることなく、己を貫く松島。見ようによっては生意気と取られることもありそうだが、二階堂は「いつも正直だからね、かわいいよ」と目を細めており、かつての自分を見ているような思いがあるのかもしれない。モンスターとモンスターの交流、今後もおもしろくギリギリなエピソードを量産してほしいものだ。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年3月12日 12:51 AM

    ギリギリのカスーンは解散だってよ、輝かしい8年間を過ごし鮮やかなフィナーレ飾った光GENJIと対局(嘲笑)

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Kis-My-Ft2 Sexy Zone 二階堂高嗣 松島聡 関連記事

Kis-My-Ft2のチケット情報