“金田一”といえばHey!Say!JUMP山田涼介!? 本人も若い世代の認識に戸惑いを隠せず

2016.4.26

“金田一”といえばHey!Say!JUMP山田涼介!? 本人も若い世代の認識に戸惑いを隠せず

どつよ&ともさかりえを若い世代に教えてあげて!

 公開中の映画『暗殺教室~卒業編~』に主演しているHey!Say!JUMPの山田涼介。前作『暗殺教室』(2015年)に引き続き主演を務め、山本舞香や加藤清史郎ら年下の出演者に交じって、中学生役を熱演している。4月21日に放送された『Hey!Say!7 Ultra JUMP』(文化放送)では、前作の撮影中に感じたジェネレーションギャップについて話している。

 生徒役の役者陣から、14年に主演したドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)を見た、と声をかけられたという山田。感謝を伝え、感想を聞いたところ、「やっぱり金田一は山田さんですね」と言われたようだ。しかし、山田にとって金田一は、実写版で初代「金田一一(はじめ)」を演じたKinKi Kids堂本剛の印象が強く、「お、そう? オレの中では剛くんだけどね」と伝えたところ、「つよしくんって、どこの“つよしくん”ですか?」と質問されたそう。過去に堂本や嵐・松本潤が金田一を演じていたことを知らなかったというのだ。

 山田に声をかけてきた生徒役の役者は15、16歳で、ほかの共演者も多くは現役中高生だ。今年23歳を迎える山田とは少し歳が離れている。ほとんどが、実写版・金田一を演じたのは山田のみだと認識していたらしく、KAT-TUN亀梨和也が05年(3代目)に演じたことを知っていたのもわずかだったという。同ラジオに出演していた山田と同い年の岡本圭人も、自分たちが高校生だったのは5年ほど前のことだと話し、世代による認識の違いにも納得していた。

 『暗殺教室~卒業編~』の公開にあたって、山田は雑誌のインタビューなどで度々「前作より主演としての責任を持って演じた」と話している。生徒役の多くが年下であることを、こうした認識の違いからも感じていたのかもしれない。番組でも「もう中堅ですよ」と話しており、年齢を重ねたことを自覚しているようだ。

 最近、高校生のころに世話になった事務所のスタッフと再会した際にも「(学校を卒業したのは)もう5年も経つ、早い」と話し、時間の流れを感じたという。一般的には22、23歳はまだまだ若いように思うが、長年芸能界で経験を積んでいるからこそ、今が中堅的立ち位置であると考えているのだろう。その責任感が今後、グループや個人での飛躍につながるに違いない。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年4月26日 7:55 PM

    あたり前だろ、時代錯誤も甚だしい。
    今だSMAPだの持ち上げてるがセクゾンの親と年齢が変わらないのに若者扱いしてやんの(笑)

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年4月26日 8:51 PM

    20年も前だからね…
    でもやっぱり金田一は、剛&ともさか&古尾谷だと思う。
    毎週土曜日が楽しみだった。

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2016年4月27日 6:07 AM

    20年前だけど、金田一はやっぱり剛くんのイメージが強いです。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Hey!Say!JUMP Kinki Kids 堂本剛 山田涼介 岡本圭人 関連記事

Kinki Kidsの関連商品

Hey!Say!JUMPのチケット情報