滝沢秀明が関ジャニ∞の横山裕の悪癖をモノマネしつつ、やや愚痴モード

2016.5.11

滝沢秀明が関ジャニ∞の横山裕の悪癖をモノマネしつつ、やや愚痴モード

東のタッキーが黙っちゃいないゼ

 ジャニーズにおけるグループの垣根を越えた交流は、ファンにとって大きな楽しみのひとつだが、いつも“仲良しエピソード”ばかりが明かされるとは限らない。タッキー&翼の滝沢秀明は、自身がパーソナリティーを務めるラジオ『タッキーの滝沢電波城』(ニッポン放送)の5月7日放送回で、長年の因縁がある関ジャニ∞・横山裕の“悪い癖”を指摘していた。

 滝沢がジャニーズ事務所に入所した1995年は、V6として同年デビューした森田剛と三宅健を筆頭に“ジャニーズJr.の黄金期”の幕開けと呼ばれたころ。翌年には、松本潤、二宮和也、相葉雅紀ら現在の嵐メンバーが入所し、98年には初のジャニーズJr.全国放送ゴールデン番組『8時だJ』(テレビ朝日系)は滝沢らが中心となって盛り上げた。

 そして、ジャニーズJr.の中で引っ張りだこだった滝沢の背後には、松本らと同じく96年に入所した渋谷すばる、丸山隆平、横山裕、村上信五ら現・関ジャニ∞メンバーも。滝沢と同学年でもある横山は、Jr.時代の滝沢と自身との境遇の違いについて、2015年2月に出演した番組『サワコの朝』(TBS系)にて、「タッキー(滝沢)がジャニーズJr.としていろんなレギュラー番組に出ていて、僕らは“おこぼれ”を食べに行きました。仕事が増えたことで、若さのせいもあり、人気者になったと勘違いしたことも。タッキーのデビューを機に仕事が一時期なんにもなくなりました」と話していた。

 さらに横山は、15年7月12日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でも、ジャニーズの中で恒例行事となっていた「ジャニーズ成人式」に関西Jr.だった横山・村上・渋谷は呼ばれず、櫻井翔・滝沢・今井翼がファンに祝われている姿をワイドショーで見て「成人式行ってないの、タッキーのせい」と思っていたことを明かしている。日ごろから自分のことをネタにする横山への反撃か、滝沢は先日のラジオで横山のある癖を暴露したのだ。

 滝沢は、同番組内の「ジャニーズものまねコンプリート」というコーナーで、今回は横山のものまねを披露。滝沢は「横山とは、同い歳で一緒に『滝沢演舞城』の初演もやり、仕事もしてきた仲間」と紹介する。続けて滝沢は「たまに、“聞いちゃいけないことを聞いてくる”っていう悪い癖があるんですよね」と愚痴モードに。滝沢は「これなんぼ? これなんぼ?」と横山の真似をすると、「いちいち人が持っているものに対して、『これいくらなの?』って必ず聞いてくる」と、関西人らしい彼の癖を明らかにした。

 だが、番組の最後には、滝沢は横山のことを「根はすごいいいやつなんで大好きですけどね」と話している。滝沢は、『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2014』(日本テレビ系)で、メニエール病で療養中の今井翼の代わりを務めた横山と共演している。今井に代わって、滝沢がパーソナリティーを務めた『今井翼のto base』(文化放送、2014年11月27日の放送)では、当日に急遽、振り付けを教え込んだことを明かしていた。滝沢は、隣の関ジャニ∞の楽屋から「50回くらい(当日パフォーマンスした)『夢物語』の曲が流れてきた」と話しており、横山が1人で繰り返し振り付けを練習していたのを知って感動したそう。
 
 テレビやラジオでは、お互いのことを皮肉を込めて話す場面も多く見られる滝沢と横山。しかし、デビュー前のJr.として修行期間を共にしてきた2人だからこそ、困った時は助け合えるのだ。ふたりの“不仲エピソード”はきっと、“喧嘩するほど仲がいい”ということなのだろう。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

タッキー&翼 横山裕 滝沢秀明 関ジャニ∞ 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報