“Sexy Zoneは王道”との評価に焦っていた中島健人、「この2、3年がチャンス」と意欲を燃やす!

2016.5.14

“Sexy Zoneは王道”との評価に焦っていた中島健人、「この2、3年がチャンス」と意欲を燃やす!

やっぱ風磨のコメントは裏切らない

 Sexy Zoneが「日経エンタテイメント」6月号(日経BP社)にて、5月3日に発売した最新シングル「勝利の日まで」に込めた思いを語るとともに、グループとしての目標を明かしている。

 同曲は『2016 リオデジャネイロオリンピック バレーボール世界最終予選』のイメージソングであり、佐藤勝利が「ブラジルっぽい音が入っています」と紹介するように、日本のバレーボールと、彼ら自身が“世界へ羽ばたく”ことをイメージして作られたワールドワイドな1曲だ。

 Sexy Zoneは、2011年にデビュー。同誌では、5年目を迎える彼らが現在、どんなビジョンを抱いているかに迫っている。

 人気の高まりを感じるかとの質問に、菊池風磨は「外を歩いていたら声かけてもらえるようになったとか、そういう変化はありますけど、『あれをきっかけにブレイクした』とかは、正直まだ全然」と、素直な心境を吐露。一方、バラエティ番組への出演が多い中島健人は、「いろんな番組でSexy Zoneの魅力を宣伝して皆さんに広げていくのが、自分の使命だと思ってるんで」と自身の活動スタンスを明かしている。また、出演した番組内で“Sexy Zone”という名前をイジられることについては、「そうやって1回は注目してもらえるという点で、この名前に感謝しています」と述べ、さらに「マリウス(葉)はまだ16歳だからもう1回ぐらい、多感な時期に突入すると思うけど(笑)その時こそ“Sexy”なパフォーマンスを、僕はひそかに期待してます(笑)」と続けた。

 中島は、16年2月に公開した映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』で主演を務め、佐藤も17年公開の映画『ハルチカ』でW主演が決定している。中島はこうした躍進について、「この2年、3年っていうのが、いろんなメディアに進出するチャンスではあるかな、と思ってます」と語っており、グループとして大切な時期を迎えていると自覚しているようだ。

 コツコツと前向きにグループの未来を考えている中島だが、デビュー当時にはSexy Zoneが「ジャニーズの王道」と評されることに対し、焦りを感じていたこともあったそう。しかし、5年という時間が経ったことで、「今は、自分らのスタイルで前に進む、でいいんじゃないかって思ってますけど」という気持ちに変わったとのことで、「個人の活動をきっかけに、グループのことも知ってもらえるのがうれしい」と話していた。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年5月15日 2:42 PM

    3人のほうがよかったと思っているファンもいますよ。

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年5月16日 12:47 AM

    ジャニーズなんていても自己紹介レベルの会話ばかりで時間の無駄だという事を(世界のイケメン)が教えてくれてるだろ。

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2016年6月15日 3:11 PM

    人それぞれですので。
    「5人が良い」と思う方もいますから。
    そう言うコメントはやめてください

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Sexy Zone マリウス葉 中島健人 佐藤勝利 松島聡 菊池風磨 関連記事

Sexy Zoneのチケット情報