【ぶっちゃけ発言】井ノ原快彦「(『あさイチ』の司会は)ハマったって感じはちょっとあったよ!」

2016.6.8

【ぶっちゃけ発言】井ノ原快彦「(『あさイチ』の司会は)ハマったって感じはちょっとあったよ!」

姉より親戚より、嫁が一番恐そう……

<ジャニーズ ぶっちゃけ発言>

――ジャニーズのアイドルといえども、やっぱり一人の男。思わずポロリと漏らした発言から、彼らの素の顔が見えるかも!?

■今回の発言者
井ノ原快彦
(V6)

「(『あさイチ』の司会は)ハマったって感じはちょっとあったよ!」

 6月5日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演したV6井ノ原快彦。2000年に舞台で共演して以来親しいシンガーソングライターの森山直太朗と、V6の新曲「Beautiful World」の作詞作曲を手がけた秦基博も加わり、3人のトークが始まる。

 番組後半、それぞれの家庭環境の話題になった際、森山が「こじつけるようだけどさ~」と前置きしたうえで、井ノ原が情報番組『あさイチ』(NHK)の司会やアイドルとして、女性とのコミュニケーションに長けているのは、井ノ原が姉を持ち、親戚の女性に囲まれて育ったせいではないか、と持論を展開した。

 「だって、ニュースとかでさ、“神対応”みたいな(報じられ方をする)」と森山が言うと、「オレさ、それさ、友達に言われんだよ。『またなんかやったらしいな?』とかって。『ちょっと待ってくれよ。なんだよ!』って。そこまでのことしてないよ、オレ」と謙遜。森山が「今って、センシティブな時代だったりもするじゃない? 言葉選びもそうだし……」「そこをわりと気にしないでも、もう下地が(ある)」と、井ノ原の素質を分析。

 そして、井ノ原も「子どものとき育った環境の人たちが、カメラの向こう側にいるっていう感じはずっとあって……。『あさイチ』が始まったときに、“あっ、ココだ!”と思った」と、自分の位置を見つけたと明かす。これまでは、バラエティ番組を担当していても、自分に合っているのか、実感できなかったそう。「でも、(『あさイチ』の司会は)ハマったって感じはちょっとあったよ! 今まで培ってきたものを普通に披露していいんだっていう。育った環境を、うまくいいところにフィットさせてもらったなあ、っていうありがたさがあるかな」としみじみと語った。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

V6 井ノ原快彦 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報