「俺がセンターだって自覚と覚悟はあります」、Kis-My-Ft2玉森裕太が「Myojo」でセンター問題を明言

2016.8.1

玉森裕太

いや~、1万字インタビューは毎回読み応えあるゼ

 ジャニーズアイドルには、“センター”と呼ばれ、グループの中心的存在を担うメンバーがいる。今年デビュー5周年を迎えたKis-My-Ft2は、デビュー前は北山宏光&藤ヶ谷太輔が“2TOP”としてグループを牽引する形をとっていたが、デビュー後はここに玉森裕太が入り、センター役を務めることが増えている。

 しかし、3月22日に発売された「週刊女性」(主婦と生活社)によると、SMAP解散騒動でジャニーズのマネジャーの体制が変わったことにより、「センターを張っていた玉森に代わり、藤ヶ谷を推していく」方針を取るのではと報じられ、ファンの間で話題となっていた。

 そんな中、玉森が7月23日発売の「Myojo」2016年9月号(集英社)の「ジャニーズ10000字ロングインタビュー『STAND BY ME ~いつもそばにいてくれたね。~』」に登場し、キスマイのセンターについて自身の考えを述べている。

 インタビュアーから「キスマイのセンター、エースって誰だと思ってる?」という、単刀直入な質問を投げかけられた玉森。「その質問……」と困った様子を見せるが、「でも、うん、俺だな。俺です。俺がセンターだって自覚と覚悟はあります」と明言した。「デビューして、センターに立たされたとき、“そういうことか”って思いました。難しい位置だし、それこそ、デビュー当初、ドラマもバラエティーも、1発目は俺からってことも多かったんで。“試されてんな”って」と、デビュー当時をふり返り、複雑な心境の中で“センター”の役割を務める覚悟を決めたと語っている。

 その覚悟は、7月23日~24日にかけて放送された『FNS27時間テレビフェスティバル!』(フジテレビ系)で、Hey!Say!JUMPと熱い対決を披露した「『いただきハイジャンプ』×『キスマイBUSAIKU!?』超合体フェス!」の中でも現れていた。「カッコいいシャワーの浴び方」で第2位を獲得した玉森は、収録前に必死で腕立て伏せをし、「ちょっとでも(筋肉を)大きくしておこうと思って。JUMPに負けられねえから!」と息巻いていた。また、スタジオでの「生キス対決」では第1位を獲得し、キスマイの勝利に貢献。センターとしての気合いと、大事なときにしっかりと決める勝負強さを見せていた。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年8月1日 6:03 PM

    コイツはブサイク顔だよ(笑)
    佐藤勝利みたいな(正しい)イケメンがイケメンとして扱われる事を願うわ

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年8月1日 7:49 PM

    頑張れ!玉ちゃん!
    応援してます!

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2016年8月1日 8:00 PM

    キスブサの時にちゃんと結果を出してて偉いなと思ったし、男気を感じた。
    あれから気になってました。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Kis-My-Ft2 玉森裕太 関連記事

Kis-My-Ft2のチケット情報