「J-GENE」11月号は、JUMP最速ツアーレポ&SMAPの06年コンサートMCを再現!

2016.10.4

「J-GENERATION」2016年11月号(鹿砦社)

「J-GENERATION」2016年11月号(鹿砦社)

 ジャニーズ専門グラビア誌「J-GENERATION」2016年11月号(鹿砦社)は、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、関ジャニ∞のコンサートレポートなど、豪華な内容となっている。

 まず特集は「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR. フォトレポート」。7月28日にスタートした今回の全国ツアー(11月3日まで)は「仮面舞踏会」をテーマにしており、ゴージャスな衣装も見どころの1つとなっている。赤の“貴族風衣装”でダンスするカットや、ステージの階段にギュッと固まって腰掛けているかわいらしいメンバーの姿は必見。「MCいいとこどり!(16年8月14日横浜アリーナ1部)」と見開きのソロページもあり、JUMPファンなら大満足のレポートだろう。

 続いて、Kis-My-Ft2のページは8月6日に東京ドームで行われた『Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM』の模様を大放出。この日は二階堂高嗣の誕生日だったが、今号はそんな記念すべき公演の貴重な写真を掲載している。サプライズの流れやメンバーの様子まで詳細に切り取ったレポートで、メンバーが贈った被り物の“ニカメロン”を着用する二階堂の姿はなんともキュート。ソロページでは演出でびしょ濡れになり、セクシーな藤ヶ谷太輔、めくれたTシャツから見える宮田俊哉の“お腹”ほか、個性あふれる7人の姿が。キスマイのファンは、同ツアーを収録したフォトレポート「叫べ、Summer!!」(同、9月25日発売)も要チェック。

 さらには、9月28日に最終日を迎えたばかりの『関ジャニ∞リサイタル2016 真夏の俺らは罪なヤツ』のレポート。昨年に続き、全国のアリーナをまわった『リサイタル』は、メンバーが決めたメドレーなど趣向を凝らした演出で会場を盛り上げた。今号では黒マント姿で「Dye D?」を歌うカットや、「ノスタルジーな想いを込めて」歌われたというSMAPの「夜空ノムコウ」、村上信五の“TAKATSUKING”登場を、コンサートの臨場感そのままに伝えている。これ以外に、バンド演奏前にアイコンタクトをとる大倉忠義&錦戸亮、錦戸&渋谷すばるの“ガッチリ握手”といった名場面からソロページを完全網羅。関ジャニ∞らしい賑やかな雰囲気をぜひ楽しんでほしい。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

あなたにおすすめのチケット情報