関ジャニ∞丸山隆平が作詞作曲した「ふわふわポムポム」がサイコすぎると話題に!

2016.12.11

丸山隆平

「トンチキソング」を超えた、本物の狂気が今ここに……

 関ジャニ∞37枚目のシングル「NOROSHI」が、12月7日にリリースされた。今回は初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の3形態での発売となり、初動の売り上げがわかる店頭入荷日の6日付オリコンデイリーランキングでは、13.2万枚を売り上げ、見事1位を獲得している。

 表題曲の「NOROSHI」は、バンドスタイルで、スタイリッシュで男くさいサウンドに仕上がっており、おふざけ要素は皆無。すでに『ベストアーティスト2016』(日本テレビ系、11月29日放送)や『ミュージックステーション』(テレビ朝日系、12月2日放送)などの音楽番組でクールなパフォーマンスが披露されているため、ファンは発売を心待ちにしていた。

 そんな中、ようやくCDを手にしたファンがネット上に続々と感想を書き込んでいるのだが、カップリング曲が「NOROSHI」以上に話題を集めているのだ。

 それは、初回限定盤Aに収録されている「ふわふわポムポム」。タイトル通り、メルヘンでポップなサウンドなのだが、「情熱のひつダボー みんなでシャワーぱんじんま。」「こりゃUNICORNのうん血なのかな?」など意味不明な歌詞が延々と続いているのだ。明るいサウンドとエキセントリックな歌詞のギャップに、「『ふわポム』まじで意味わかんないし、なんかめっちゃ恐怖感じる」「『ふわポム』に狂気を感じるのは私だけじゃないはず……」「怖くて聞くの途中でやめちゃった……なにこれ……?」と、ファンも衝撃を受けているよう。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

丸山隆平 関ジャニ∞ 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報