Sexy Zoneの『STAGE』ツアーオーラス、バラを使ったサプライズと聡マリの涙にファンも感動!

2017.5.9

 松島とマリウスといえば、デビュー直後から“格差”をつけられていた2人。12年10月発売のシングル「Sexy Summerに雪が降る」のジャケット写真で、前列の佐藤・中島・菊池よりも小さく写っていたことをはじめ、ミュージックビデオでバックダンサーのような扱いになっていたことも。さらに、14年発売のシングル「男 never give up」から15年発売の「Cha-Cha-Cha チャンピオン」まで、松島とマリウスはジャケット写真にすら写っていない。その間2人は、それぞれジャニーズJr.とユニットを結成しており、Sexy Zoneの“弟分ユニット”という扱いにされていた。

 この動きは、当時ファンの間で物議を醸しただけでなく、3人体制となったシングルの不買運動まで行われた。そんな苦しい時代を経て、5人で5周年を迎えることができたため、メンバーとファンの“感動の涙”が会場を埋め尽くしていたようだ。

 コンサートに参加したファンのレポートによると、ダブルアンコール後メンバーがステージからいなくなっても「Sexy Zoneコール」が止まらなかったとか。トリプルアンコールは行われなかったが、それでも会場からは大きな拍手が起こっていたようだ。

 5人でまとまったステージを見せたSexy Zoneメンバーと、ファンの熱気が最高潮に達していた『Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 ~ STAGE』。今後もファンとともに、大きく飛躍していってほしいものだ。

コメント

  1. 名無しだJ より 2017年5月9日 9:03 PM

    まだまだ辛い道はあるけど、ファンの1人として支えて行きたい

    - -

    -
  2. Sexy Zone カナッペ より 2017年5月28日 2:46 AM

    そうですよね
    2人の格差が無くなるようにSTAGEの曲歌詞の通り5人で頑張って欲しいですね

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Sexy Zone マリウス葉 中島健人 佐藤勝利 松島聡 菊池風磨 関連記事