夏季休暇 の発送・お問い合わせに関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

 

休業中にいただきました、ご注文・お問い合わせにつきましては、
営業再開の8月17日(水)以降、順に対応させていただきます。

 

また、8月11日(火)にいただいた、ご注文・お問い合わせにつきましても、
8月17日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

山下智久主演『コード・ブルー』第7話、Hey!Say!JUMP有岡大貴演じる名取の片思い模様にファンから賛否両論!

2017.8.29

 今回は「失敗の代償」という重いテーマを軸に物語が進んだ。山下演じる藍沢が、踏切事故で生き残った危険な状態の患者を、灰谷の気持ちを思うあまり必死に助けようとするシーンなど、随所に心を揺さぶられる印象的なシーンが多く、ファンからは「涙止まらない!」「最初新人フェローに冷たかったけど、やっぱり優しい藍沢先生!」と反響を呼んだ。

 また、有岡演じる名取が緋山に対して好意を抱き、嫉妬する様子に「緋山先生うらやましいよ!」「名取先生、嫉妬メラメラ!」「名取先生、確実に緋山先生に恋してた!!」と有岡のファンは大いに盛り上がった。一方で、医療スタッフたちの成長する姿を描いた医療ドラマであるにもかかわらず、今シリーズから恋愛要素を取り入れていることに反発もあるよう。シリーズ1から見ているファンは、「コードブルーに医師と患者の恋愛シーンなんていらない!」「有岡くんの医師としての成長が見たいのに……。先輩に恋してる姿は興味ない!」「嫉妬する有岡くんはかわいいけど……。医療ドラマに恋愛要素はいらないよね……」と批判的な声も上がっていた。

 第8話の予告には、名取が号泣する様子が映し出されているが、医療ドラマとして彼の医師としての成長がきちんと描かれるのか。有岡ファンだけではなくドラマファンもますます目が離せない。

コメント

  1. 名無しだJ より 2017年8月30日 1:05 PM

    タレントに文句言ってる奴はただの馬鹿。
    日本ドラマのキャスティングなんて商業主義だからそれ等が優先されるわけだ、山下智久なんて事件起こしても主演やれてるのはそういう事。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Hey!Say!JUMP その他ジャニーズ 山下智久 有岡大貴 関連記事