嵐のメンバーがいま一番気になるジャニーズJr.とは?

2015.12.9

嵐のメンバーがいま一番気になるジャニーズJr.とは?

「ねえねえ、好きな後輩っている? カメラに向かって言ってみなよ!」「え~、言えないよぉ」

 同時期にJr.として過ごすことで、デビューした後も先輩・後輩の濃い関係を続けるジャニーズ事務所のアイドルたち。しかし、Jr.時代が一緒でなければ、仲良くなるきっかけは共演ぐらいのもの。近年では、KinKi Kids堂本光一と、彼の主演舞台『Endless SHOCK』で共演したJr.内ユニット「ふぉ~ゆ~」の蜜月関係が有名だが、それは稀なケース。先日、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にジャニーズ大好き芸人の「ジャガーズ」が出演し、“気になるJr.”として岸優太や向井康二、平野紫耀、田島将吾の名前を挙げたが、先輩であるはずのSMAPはまったくわからないという表情を浮かべていた。同じ事務所と言えども世代が違えば、顔や名前どころか、存在すら知らないということもあるのだろう。

 そんな大所帯のジャニーズの看板を背負う嵐が、「duet」2016年1月号(ホーム社)に登場し、後輩との交流を明かしている。

 インタビューで「気になる後輩は、いますか?」と問われると、櫻井翔は「ちょっと待ってね」と前号の「duet」をめくり、松本潤も「ちょっとわからないJr.も…」と及び腰。あまりに人数が多いために、全員を把握してきれていないようだが、「もちろん、嵐のツアーについてくれてるJr.はみんなわかるよね…ホントによくがんばってくれてるよ」と櫻井はフォローしていた。

 そんな中で、嵐が選んだ気になる後輩は4人。一人は川島如恵留で、大野智いわく「このコ。超礼儀正しいんだよ!」とのことで、櫻井も「わかる~」と即同意。二宮和也にいたっては、「超ていねいなあいさつしてくれるんだよ」と、川島のモノマネまで披露していた。川島といえば以前、NEWS加藤シゲアキに「(同じ学校だから)親近感があります」とあいさつしたところ、加藤がラジオで「たぶん先輩に『親近感』っていうフレーズがなんとなく変なんだよね」と苦言を漏らしたことも。そんな過去があるからこそ、先輩へのあいさつには気を付けるようになったのだろうか。

 相葉雅紀が気になるのは、「しめちゃん」こと七五三掛龍也。というのも、嵐が現在回っている全国ツアーの相葉のソロコーナーで、七五三掛が着替えの手伝いをしてくれているから。ただそれだけではなく、「(取材の時点で)まだ1回もうまくいっていないの(笑)」というオチ付き。上半身裸の上に革ジャンという衣装なため、相葉が汗をかくと非常に脱ぎづらいというのが原因のようだが、「彼(七五三掛)はたぶん自分のせいだと思っている」んだとか。そのため、七五三掛は衣装を持って相葉の楽屋を訪れ、「練習させてください!」と頼み込むのだという。自分を責めている七五三掛がかわいそうな気もするが、衣装脱ぎの練習をお願いするのは、とことん真面目な彼らしいエピソードだ。

 一方、櫻井が気になるのは、「気象予報士の試験に合格したコ」とのことで、阿部亮平と岸本慎太郎。岸本は「『NEWS ZERO』よろしくお願いします!」と、同番組のお天気コーナーへの野心も見せていたそうで、櫻井は「オレに権限ねぇよって(笑)」と苦笑いしていた。

 最近のJr.の真面目さや押しの強さに目を細めつつも、「(松本)幸大とかThey武道とかMADEとか、昔からやってくれるヤツらにも、ほんっと感謝していますよ。本当によくやってくれてる。(略)みんなをまとめてくれるんだよね。すごく感謝している」(櫻井)と、ベテランJr.をもねぎらっていた。

 すべてのJr.がデビューできるわけでもなく、世間や先輩に顔や名前が知られるわけでもない。しかし大先輩に「感謝している」と言われるだけで救われる努力もある。ジャニーズの先輩・後輩の交流エピソードに見える、そういった一瞬の輝きがファンの胸を熱くさせるのではないだろうか。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ジャニーズJr. 二宮和也 大野智 嵐 東京ジャニーズJr. 松本潤 櫻井翔 相葉雅紀 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報