テキトーイケメンことHey!Say!JUMP伊野尾慧、「テキトーには生きてない」と意外な真意を明かす

2016.4.22

テキトーイケメンことHey!Say!JUMP伊野尾慧、「テキトーには生きてない」と意外な真意を明かす

根は真面目だから……

 4月から『めざましテレビ』(フジテレビ系)の木曜パーソナリティー、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)のレギュラーMC抜てきなど、メディア露出急増中のHey!Say!JUMP・伊野尾慧。映画『ピーチガール』(2017年公開)への主演が決定するなど、いよいよ勢いが増している。その人気の秘密は、なんといっても伊野尾の“テキトー”加減。インタビュー記事によって好きな女の子のタイプが異なるといった有様で、だからこそ多くのファンが伊野尾に翻弄されているよう。

 そんな伊野尾は、ソロで表紙を飾った「QLAP!」(音楽と人)2016年5月号で、過去7年間、ほとんど個人の仕事がなかったと明かしている。

 当時の心境を尋ねられた伊野尾は、「メンバーに来た個人の仕事をうらやましいなって思う部分はあったかもしれない。でも落ち込むことはなかったかな。だって、自分の世界は仕事だけじゃなかったから」と発言。また、「当時は、今の自分にできるのは大学に通うことだと信じて勉強を続けていて。目に見える見えないは別として、一度自分の中で“これをやろう!”って決めたことはやってきて良かったなと思うことが、今になってけっこうあるんです」とコメントし、冷静な判断力を持つ一面をのぞかせた。

 一方、“テキトー王子”と呼ばれることに関しては、「テキトーには生きてないと思うんだけどな~(笑)」とやんわり否定。その理由について、「インタビューに答える時っていろんな人に笑ってほしいなって思うんですよ。(中略)例えばホワイトデーのデートプランを考える企画は、真面目に話すよりも、その場が盛り上がって、さらに誌面を読んだ人が『こんなデート、無理じゃない!?(笑)』って笑ってくれたらそれでいい」と、テキトー発言はサービス精神ゆえのものであると説明。さらに「もしそれでテキトーって言われるなら仕方ないし、何を言われてもそれは1つの意見だから。いろいろ言ってもらえたほうがおもしろいんで、好きに言ってもらって大丈夫です!(笑)」とコメントしていた。

 アイドルとしての覚悟を感じる発言だが、どこからが本気で、どこまでが計算なのかは本人のみぞ知るところ。伊野尾の本心が余計にわからなくなったファンも少なくないのではないだろうか。仕事の幅が広がってきたことについても「まだブレイクじゃないですよ(笑)」と謙遜し、「新しい仕事は始まったばかりだし、この先どうなるかわからないからね」とも話していたが、実はすべてが伊野尾の思うままで、我々は彼の手のひらで弄ばれているだけなのかもしれない。テキトーなのか堅実なのか、まったく掴めない伊野尾のミステリアスさに翻弄される日々は続きそうだ。

コメント

  1. JUMP 愛 負けない より 2016年4月29日 7:32 PM

    いのおくん大好きです❤

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年5月8日 12:19 AM

    雑誌とかで結構テキトーじゃないって否定してるけど、あくまでもテキトーキャラであって、根は真面目だってことをファンの人達はちゃんとわかってると私は思います。
    本当にテキトーだったら応援しませんよね!

    - -

    -
  3. 涼花 より 2016年5月14日 7:04 PM

    いのちゃんはバラエティー番組での返しがすごく面白くて、そういうのってちゃんと考えてないとできないことだと思います。
    そんないのちゃんの言葉にいつも笑わせてもらっています(笑)

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Hey!Say!JUMP 伊野尾慧 関連記事

Hey!Say!JUMPのチケット情報