SMAPに“なにか”起きる度に共演してきた爆笑問題、太田光の一言にファンも「さすがわかってる!」

2016.5.21

SMAPに“なにか”起きる度に共演してきた爆笑問題、太田光の一言にファンも「さすがわかってる!」

吾郎ちゃんと田中で、ブラックジョークが成り立つとも思えないし!

 SMAP木村拓哉の“ファン”を公言している爆笑問題の太田光が、5月17日深夜放送のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)でSMAPの現状に不満を漏らす一幕があり、話題を集めている。太田はプライベートで木村とメールのやり取りをするほか、2010年に発売されたアルバム『We are SMAP!』に収録された同名の曲に歌詞を提供。グループの歴史を見てきた太田にとって、1月から尾を引くSMAPの解散騒動は、やはり心に引っかかる部分があるようだ。

 この日のラジオでは、田中裕二がSMAP稲垣吾郎とともに『SMAP×SMAPプレゼンツ 「やっぱり猫が好きすぎて…」~芸能人ねこ自慢グランプリ~』(フジテレビ系、5月23日放送)を収録したことを報告。これに太田が「なんだよ、そりゃ」「そんなことファンは望んでないんだよ!」と噛み付き、「ファンはSMAPが仲良くやってるところを見たいんだよ。今、一番」「なんでお前、吾郎ちゃんと猫とお前で(番組)やるんだよ。邪魔なんだよ、お前!」と、田中にブチ切れた。

 この内容がネットニュースで伝えられると、SMAPファンからは「さすがSMAP好きの太田さんだわ。わかってる」「太田さん、SMAP大好きだから。ファンの気持ちを代弁するかのように……ありがとう」「ファンの気持ちを代弁しつつ『スマスマ』の宣伝ありがたいです」などと、感謝の声が続出している。

 また、太田は5月上旬にジャニー喜多川社長がSMAPの解散を完全否定した際にも、情報バラエティ『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、作詞を手がけた「We are SMAP!」の制作秘話を明かした。太田いわく、歌詞を依頼された時点でタイトルはすでに決まっており、「We are SMAP!」は“コンサートの合言葉”だと聞いたとのこと。太田は「(コンサートの)最後に、SMAPが『We are』って言うと、お客さんが『SMAP!』って、みんなで言うって。で、メンバーはその瞬間が一番幸せなんですよ。だからそれはたぶん、その想いで『作って下さい』と言われて」と話し、「それはたぶん今でも変わっていないと思う」とメンバーの心情をおもんぱかっていた。

 太田に関しては『We are SMAP! 2010 CONCERT DVD』のメイキングで香取慎吾が、「太田さんは本当に前からSMAPのことを好きでいてくれてて。太田さんが僕に言ってくれたのだと、『自分がいろいろなところでいろいろなこと騒いでも、日本は、世界は変えられない』と。『でも、SMAPの歌っている姿には世界を変える力がある』と。熱くね、語ってくれて」と、明かしている。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SMAP 木村拓哉 稲垣吾郎 関連記事

SMAPのチケット情報