滝沢秀明、憧れの堂本光一と2人きりでの会食は「不自然」な感じ!?

2016.7.29

堂本光一

そのレストランのホール係として見てたかった……

 多くのジャニーズアイドルはそれぞれ“憧れの先輩”がいるようで、メディア出演で共演が実現したときには連絡先を交換して交流を深めることもある。タッキー&翼の滝沢秀明にとって憧れの先輩はKinKi Kidsの堂本光一で、その細かな仕草まで覚えているようだ。滝沢がパーソナリティーを務めるラジオ番組『タッキーの滝沢電波城』(ニッポン放送、7月23日放送)の「ジャニーズものまね コンプリート」コーナーでは、光一のモノマネを披露した。

 同コーナーは、グループや先輩後輩の隔てなくジャニーズメンバーからひとりをピックアップして、滝沢がその人物とのエピソードを語りながらモノマネを披露する企画だ。滝沢は「さぁ! 今週は光一くんなんです。僕ね、ジャニーズに入ったきっかけ光一くんですよ。憧れの先輩なんでね」と、弾んだ声で話す。

 また、滝沢は「じゃあ、ちょっとメドレーでいこうかな。『光一くんといえばこの台詞』みたいな3連発でいきたいと思います」と、普段はワンフレーズしかモノマネしないのに、今回は特別と言わんばかりの気合いの入れよう。滝沢は宣言通り「Show must go on」「裏切り者に死を」「化け猫ちゃーん!」と、光一が舞台でよく使うセリフから、コンサートで観客に叫ぶフレーズまでモノマネ3連発を披露。

 その後、滝沢は「KinKiのライブのバック(ダンサー)をずっと僕やってましたけども。1年ぐらい前になるのかな、2人きりで初めて一緒にご飯食べに行って」と、光一との思い出を振り返る。しかし、「光一くんも人見知りなんで、なかなか目を見てお互いしゃべらないんですよ。レストランで隣同士に座ったんです。だから正面に向かってではないんですけど、やっぱり普通はある程度は目を見てしゃべるじゃないですか。お互い、目を見てしゃべらないで、斜め下を見ながらしゃべって……結構真面目な話もしたんですけど(笑)」と、いささか不自然な会食となってしまったようだ。

コメント

  1. キラキラ より 2016年7月30日 12:32 AM

    なんだか素敵な関係

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Kinki Kids タッキー&翼 堂本光一 滝沢秀明 関連記事

Kinki Kidsのチケット情報