「トニセンって気持ち悪いぐらい仲良い」、V6三宅健が悪態をつきながらもトニセンを羨む

2016.10.16

長野博

愛されて44周年! おめでとうございます!!

 V6の年長ユニットである“20th Century”(以下、トニセン)の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦が出演する舞台『TWENTIETH TRIANGLE TOUR 戸惑いの惑星』。本作は、トニセンの楽曲に合わせてストーリーが展開される“Play with Music”という新たなスタイルで公演されるということもあり、V6ファンを中心に早くも話題となっている。

 そんな“トニセン”と長野について、V6三宅健が、10月10日深夜に放送されたラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm)で語った。

 放送日の前日、9日が長野の誕生日ということで、番組の冒頭で三宅は「我らが長野ぴろしの誕生祭だったということですけども、20年間一緒にいますが、彼が誕生日をどのように過ごしているのか、私はいまだに知りません。長野くんが誕生日パーティーなるものを開催しているのか、はたまたそういったものをサプライズでしてもらったりしているのか、そういった情報も私のところには入ってきておりません」とつれない発言。

 というのも、「長野くんって誕生日プレゼントを渡してもその場ですぐに開けてくれないの」「『ありがとう、じゃ、お疲れ様でした』って帰っちゃう。井ノ原くんが『ちょっと待って開けてよ~』みたいな感じによくなるんだけど、なんか知らないけど長野くんはその場で開けないんだよな」と、長野自身が誕生日にあっさりしているようなのだ。

 「人間って、本当によくないなって思うけども、やっぱりなにかしらの見返りを求めちゃうんだよね。求めてるこっちが悪いんだけど。ラッピングもさ、素敵なラッピングじゃなきゃダメじゃん? 3秒の命よ、ラッピングなんて、バリバリバリって。『うわっ、なにこれ! オレがほしかったやつじゃん!』みたいなのを期待してるのに、『ありがとう、じゃね~』って、“いやいやいや開けなよ、開けないのかよ”って、“3秒の命”ってこっちは思ってるわけ! 最近長野くんにプレゼントあげてないからわからないな~、もしかしたら変わってるかもしれないけど」と、興奮気味に長野への不満を暴露した。

 最後に「長野くんが欲しいものとかよくわからないしな。どんなお誕生日を過ごしたのか、こっちは知ったことではないですけどね(笑)。さぁ、長野はもういいですよ(笑)。おめでとさ~ん」と、三宅なりに祝福した。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年10月16日 9:21 PM

    トニセンの仲の良さも
    V6の絆も素敵だと思います。

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年10月17日 6:12 PM

    トニセンは苦労を共にしてきたので絆も深いのでしょう。その姿を見てカミセンも素敵な大人になったと思います。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

V6 三宅健 井ノ原快彦 坂本昌行 岡田准一 森田剛 長野博 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報