「その茶髪染めて」、Hey!Say!JUMP山田涼介への的外れな批判をした朝日新聞コラムが大炎上

2016.11.12

山田涼介

あんなに「役作りだ」って予防線張ってたのも無意味……

 10月17日から放送が始まった、Hey! Say! JUMP山田涼介主演の月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)。11月7日に第4話の放送を終えたが、視聴率はいまだ2ケタ台には届かず、低空飛行が続いている状態だ。しかし第5話からは、山田演じる高田優と、兄の隆一(桐谷健太)、そして隆一の婚約者である矢作梓(倉科カナ)との三角関係がより複雑になる展開が予想され、視聴者からは「続きが楽しみ」と期待の声が多い。

 放送開始当初は山田が“茶髪”でサラリーマン役を演じることに「違和感がある」という意見もあったが、山田本人は「はじめ黒くしたら監督さんに暗すぎって言われて、ワントーンおとしたら今度は明るすぎって言われた……」と雑誌で語ったり、宣伝のために出演した番組では自らの役を“チャラリーマン”と自虐したり、“なにをやってもダメ”な弟を演じる上で、役作りのための“茶髪”だと明かしていた。現に第5話の予告では、優が会社で重要なポジションを任され、黒髪へ変化した姿が映されている。

 最初は違和感を覚えても、ドラマを見ていれば優のキャラクターが把握でき、“茶髪”の理由も納得がいくはずなのだが、11月9日の「朝日新聞 大阪版」に掲載された、『キュー』というテレビコラムにて、ライターの島崎今日子氏が“茶髪批判”と取れる主張を展開し、ファンの怒りを買っている。

 「アイドル主演、役作り考えて」と題したそのコラムには、冒頭から「どうやったってサラリーマンには見えない」と厳しい言葉が。役を演じるより“アイドル”でいることが優先されていると指摘し、「その茶髪、ちゃんと染めてから、悩めるディベロッパーの社員役に臨みましょうね」と、説教じみたコメントがされている。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年11月12日 9:49 PM

    一部の熱狂的なファンがやったことで、決して「大炎上」ではないよ。
    そもそも、世間の大半は山田君に全く興味はないし、
    怪しいスキャンダルがあっても、会社に隠れてそのまま逃げきろうとしている彼が、
    「サラリーマン」を演じる事も相当滑稽。

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年11月13日 2:35 AM

    報道側の勝手な臆測でしょ?あれは。
    妊娠したかも疑問だし。

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2016年11月13日 2:43 AM

    どう見てもサラリーマンに見えないんだから、ライターの言う通り。正直ファンとしては、心を入れ替える=黒髪、という安易な演出をした監督に文句言いたい。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Hey!Say!JUMP 山田涼介 関連記事

Hey!Say!JUMPのチケット情報