ニコ動を見ながら呑む城島&KAT-TUN充電期間へ! 2016年ジャニーズニュース(4~6月)

2016.12.30

城島茂

茂とネット民は相思相愛(ハート)

 ジャニーズファンにとって、忘れられないほど衝撃的な1年となった2016年。悲しいニュースも多かったが、同じぐらいジャニーズアイドルによって満たされた出来事もあったはず。そこで世間から注目を集めた表ニュースと、ファンの中で語られた裏ニュースを独断と偏見でピックアップ。今回は4月~6月を振り返ってみよう。

<4月>

【表ニュース】タッキー『歌舞伎』にV6三宅にオファー

 4月10日に開幕した、タッキー&翼の滝沢秀明の主演舞台『滝沢歌舞伎2016』に、V6三宅健が出演した。異色のコラボレーションは、滝沢の熱烈なオファーによって実現。製作発表会見では「健&タッキーというおいしい関係になれたら」とシャレの利いたコメントをする滝沢と、「口説きの滝沢の口車に乗せられて、あれよあれよとやらなくてはいけなくなった」と飄々と答える三宅の個性が光っていた。滝沢のコメントからケンタッキーフライドチキンのCMへの出演も決定するなど、これまでなかった展開に発展。三宅以前にも俳優の京本政樹、Kis-My-Ft2北山宏光、A.B.C-Z河合郁人、Hey!Say!JUMP薮宏太らが出演してきた同作。17年の客演は誰になるのか、非常に楽しみだ。

【裏ニュース】ホワイトデーに「レリピー」を連呼する三宅

 V6三宅健のいたずらっ子のような面が垣間見える、ラジオ『三宅健のラヂオ』(bayfm)。3月14日深夜放送回では、ホワイトデーにもかかわらず、人間ドックの話を展開。大腸検査の前に腸内を洗浄する際の様子を「全部レリピー、レリピーって感じで出すんですよ」と独特なワードを駆使してレポート。さらに血を抜かれる様子をスマホで録画するなど、一般人離れした癖も明らかになった。4月4日の放送では、リスナーから「まさかの人間ドックのお話。大腸検査でレリピーからのザ・ビートルズの『Let it be』。面白すぎる神回でした」と反響が届くと、「楽しんでる人もいる、ほらね」と得意げ。Twitterのトレンドワードにも、「レリピー」「健ラヂ」「大腸検査」などもランクインしていたらしく、手応えを感じた三宅。17年も、アイドルらしからぬ話が聞けそうだ。

<5月>

【表ニュース】KAT-TUNいよいよ充電期間へ

 田口淳之介の脱退を受けて、亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人体制になったKAT-TUN。5月1日に行われた『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!”』の最終公演をもって、無期限の活動休止に入った。ソロで活動することでメンバー一人ひとりが個性を磨き、再びグループとして活動することを約束したが、ファンにとってはやりきれない思いだった。だが、そんなファンを笑顔にしてくれたのが、同ツアーのコンサートグッズ。充電期間にかけて「充電器間(USB電源アダプタ)」や、3人になるのに「4色ボールペン」などの自虐的なラインナップ。どんな状況でもファンを楽しませてくれようとするKAT-TUNの粋な計らいを感じた。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

KAT-TUN Kinki Kids TOKIO V6 ジャニーズWEST タッキー&翼 三宅健 城島茂 桐山照史 滝沢秀明 関連記事

KAT-TUNのチケット情報