TOKIOの『DASH!!』にヤラセ疑惑噴出も、「だとしたらスタッフが優秀すぎる」という声も

2017.1.24

山口達也

幸せな家庭という絶滅危惧種だけは見つけられなかった達兄

 テレビ番組の中でトップクラスの視聴率を誇る“日曜午後7時”の王者といえば、1995年から放送されているTOKIOの冠番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)である。放送開始から20年以上経ったいまなお、毎週15~20%の高視聴率を安定して叩き出しており、同時間帯に放送されている他局のバラエティ番組を圧倒している。

 そんな強さの理由として、“アイドル”を本業としているはずのTOKIOが、鍬を持って畑を耕したり、重機を操り水路を作ったりと、プロ顔負けの専門技術を習得し、“副業”に精を出す姿が視聴者にウケている。また、5人中4人が40代となったメンバーが協力しながらなにかを成し遂げる姿は、家族で見られる番組として愛されているようだ。

 そんな『ザ!鉄腕!DASH!!』だが、実は“ヤラセ疑惑”が囁かれたことが何度かある。例えば、「沖縄の伝統漁法を使って魚を捕る」という企画では、“ウマヅラハギ”という魚が捕れたのだが、日ごろから海釣りをしているという視聴者から「浅瀬で捕れる種類の魚ではない」と指摘があり、ネット上で話題に。また、「長崎へ“カタクチイワシ”を探しに行く」という企画では、ロケに同行していた漁師が「オンエアされた番組の漁船の網にはたくさんのイワシが獲れているようになっていたが、ほとんどは買ってきたものであった」と明かしたことも。

 そして、1月22日に放送された同番組でも、再び「ヤラセでは?」と疑ってしまうような、驚くべき発見があった。

 「横浜育ちのアユを追う」という企画で、多摩川を訪れた城島茂と山口達也は、川に浸かりながら成長したアユを探すことに。水の流れがない溜まり場を集中的に探していると、続々と川魚が見つかっていく中に、なんと絶滅危惧種の“スナヤツメ”を山口が発見。同行していた専門家たちも「大変な事件ですよ!」「本当に、本当にレア」と大興奮してしまうほど、非常に珍しい魚を番組内で発見したのだ。

コメント

  1. 名無しだJ より 2017年1月24日 8:41 PM

    純粋に楽しめば良いんじゃね?
    テレビなんかほとんどウソ、ヤラセ、欺瞞、偏向で成り立ってんやろし。

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2017年1月24日 11:54 PM

    そもそも絶滅危惧種がどんなもんなのかも分かってないのに「やらせ」なんて、笑止千万もいいところ。

    あれは数百回以上調査して初めて見つかる、けっこうすごいレベル。
    仮にやらせで用意したにしても、それはそれですげえこと。
    満足に専門知識もないのに、しょうもないインネンつけてんじゃないよ!

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2017年1月26日 1:09 AM

    トキオのファンって笑えるw

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

TOKIO 城島茂 山口達也 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報