『キスマイBUSAIKU!?』、玉森裕太が前代未聞の行動でまさかの最下位!

2017.2.10

玉森裕太

「ふふふ~」

 Kis-My-Ft2の冠番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)にて、“ブサイクすぎる”醜態を晒してしまったメンバーが登場し、ファンに衝撃を与えている。

 2月6日の放送回は「激ムズパーキングで駐車対決」というテーマで、ドライブテクニックをランキング形式で競うことに。今までも何度か同じテーマで順位を競ったことがあるのだが、うまく駐車すればいいというだけでなく、駐車中の時間に助手席の彼女をどのように楽しませるかというのも審査のポイントとなる。しかし、キスマイメンバーの結果はなぜかいつも振るわず、ゲスト挑戦者に1位を奪われてしまうことが多かった。

 今回は、以前同じテーマで『キスブサ』に参加し、見事1位を獲得した俳優の中尾明慶が再び参戦。またもや1位を奪われてしまうかと思いきや、中尾は3位という結果に終わってしまう。そして1位を獲得したのは、『キスブサ』で“最下位の常連”と言っても過言ではない、二階堂高嗣。上位のメンバーでも何度か切り返しを入れなければ駐車できなかったところを、二階堂はなんと一発で駐車完了。しかも、彼女のヒマつぶし用に雑誌をあらかじめ用意しており、そんな気遣いも1位獲得の決め手となったようだ。

 反対に最下位の8位となったのは、グループのセンターポジションを担う玉森裕太。ものの見事に切り返し地獄にハマってしまい、身動きが取れない状態になってしまう。10分以上悪戦苦闘した末、なんと「あきらめま~す」というひとこととともに、駐車場からそそくさと退散。時間をかけたのに駐車はできず、挙句のはてに“試合放棄”までしてしまった玉森は、メンバーから「『停めません』はナシだよ!!」と猛ツッコミを浴びていた。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Kis-My-Ft2 二階堂高嗣 玉森裕太 関連記事

Kis-My-Ft2のチケット情報