【ジャニーズ大運動会ハイライト前編】掛け合いが最高すぎる上田&中丸と、運動神経皆無なSexy “ソーリー”Zone

2017.4.18

Sexy Zone

運動ができないジャニーズという新機軸をもたらしたSexy Zone

 ジャニーズ事務所に所属するアイドルたちが一堂に会する『ジャニーズ大運動会』が、4月16日に東京ドームで開催された。Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、中山優馬、ジャニーズJr.が参加したほか、タッキー&翼・今井翼、KAT-TUN中丸雄一・上田竜也も会場を大いに盛り上げた。

 近年、「野球大会」という形で行われるイベントとしてジャニーズファンの間に定着していたが、今年は中丸率いる「J-WHITE」と、上田率いる「J-RED」の2つのチームに別れ、野球以外にも、リレー、PK対決、障害物競走など、計8競技が行われ、時間にして6時間以上に及ぶ戦いに。そんな激戦を制したのは、上田率いる「J-RED」チーム。1つ目の競技・50m走から常にリードを保ち続け、「J-WHITE」を圧倒する強さを見せていた。

 大勢のジャニーズアイドルが競技に取り組む中、大活躍をした人もいれば、活躍できずに終わってしまう人も。また、競技以外のところで会場が沸いた場面もあり、ファンにとっては大満足のイベントになったよう。そこで今回は、『ジャニーズ大運動会』で話題をさらったメンバーや出来事をピックアップ!

■的確すぎる発言でファンを笑わせた、中丸の“MC力”

 両チームリーダーの中丸・上田は終始マイクを持ち、応援席からメンバーを応援したり、客席のファンを煽ったりと大活躍。特に中丸は、50m走でフライングをしたSexy Zone菊池風磨に向かって「国際大会だったら失格ですからね」と注意したり、野球で「J-RED」に大きく点差を開けられた際に「これ10点まで行ったら、もう1回0点に戻しません?」と無茶な交渉をしたりと、シュールな発言で笑いを取っていた。

 また、上田の行動についての解説も秀逸で、上田が50m走のスタンバイをしている時には、「上田くんはトレーニングがハンパじゃないんですよ! 1日10キロ走るような人間ですよ。やってることがジャニーズじゃないですよね!」とさりげなく上田の日々のトレーニングを紹介。さらに、カメラに向かってシャドウボクシングをする上田について、「熱くなるとよくやるクセですね」と冷静な解説を入れていた。

 そんな中丸の名MCを、ファンは「安定感と中立感、コメントを振る采配、小ボケに突っ込みとマルチにこなしてた。とにかくすばらしいMCだった」「声だけでも中丸くんめちゃくちゃ存在感あって、MCとしてとっても頼もしかったなあ」「中丸くんに“頑張ったで賞”をあげたい」と絶賛していた。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Hey!Say!JUMP KAT-TUN Sexy Zone マリウス葉 上田竜也 中丸雄一 中島健人 佐藤勝利 山田涼介 松島聡 菊池風磨 関連記事

Hey!Say!JUMPのチケット情報