夏季休暇 の発送・お問い合わせに関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

 

休業中にいただきました、ご注文・お問い合わせにつきましては、
営業再開の8月17日(水)以降、順に対応させていただきます。

 

また、8月11日(火)にいただいた、ご注文・お問い合わせにつきましても、
8月17日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

「森田くんはAメロ職人」「健は人間性が出る歌」、V6井ノ原快彦がメンバーの歌声を徹底分析

2017.6.5

 井ノ原は自身の歌について「僕は自分ですごく変化してるほうだと思う」と、いい意味でも悪い意味でも変化したという。変化した理由については「僕は周りの声に左右されるというか、みんながそう来るんだったらこうしたいなとか、そんな感じで割とついていってる感じです。実は」と明かした。

 「みんなの声、すごく好きですよ」と声を弾ませていたという井ノ原。3月に発売したシングル「Can’t Get Enough」はファルセット(高音の裏声)でのメロディーが印象的で、V6ならではの世界観を作り上げていた。「男は声が低くなきゃいけないみたいなのがあるから、デビューした頃は『高い声だな』とか言われてたと思うけど、今となってはすごく稀有な、貴重な存在だと思うんです」と“高い声”もまたV6の良さだと語る。

 “高い声”を前面に出すべきだという井ノ原は、6人の埋もれない個性があるから、どんな曲を歌ってもV6になると解説。「僕ら、V6っぽいとかぽくないとか、歌う前に判断しちゃってたこともあったんですよ」と振り返り、「でも、ポンと歌えばV6になる。大事なのは、みんながその曲を好きかどうかなだけなんですよね」と力強く話した。

 井ノ原は、メンバー一人ひとりの歌声を分析し、決して貶めるようなことは言わない。メンバーといえども、一人のプロの歌手として敬意をもって接していることが伝わる。このような姿勢が、デビュー22年経った今も互いに理解し合い、仲が深まり続けている要因なのではないだろうか。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

V6 三宅健 井ノ原快彦 坂本昌行 岡田准一 森田剛 長野博 関連記事