夏季休暇 の発送・お問い合わせに関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

 

休業中にいただきました、ご注文・お問い合わせにつきましては、
営業再開の8月17日(水)以降、順に対応させていただきます。

 

また、8月11日(火)にいただいた、ご注文・お問い合わせにつきましても、
8月17日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

玉森裕太出演『リバース』第8話、息が詰まる展開の中で視聴者を和ませた“わちゃわちゃシーン”

2017.6.7

 浅見の勤める学校にかかってきた電話は、「広沢くんの親戚の者です」と名乗り、ゼミ仲間の情報をしつこく聞き出そうとしていたという。困惑した表情を浮かべながらその電話に対応する浅見の姿は、電話越しでも感じられる越智の不気味さをうまく表現していた。

 引き続き息が詰まる展開が続くが、第8話では視聴者が和む場面も。ゼミ仲間の面々が、深瀬の狭い自宅でテーブルを囲んで越智について語っている時のこと。谷原が深瀬と越智の関係について問うと、「実はね……オレの彼女っていうのはこの子……」と明かす。深瀬と越智がすでに体の関係を持っていたと聞くと、3人は気まずくなってしまったのか沈黙。彼らの様子を見た深瀬は、「オレだってもっとモテてたら、こんな簡単にダマされないよ。簡単にダマされるオレが悪いんだ」と、必要以上に自分を責めるのだった。このときばかりはドラマ内で流れていたBGMもポップなものに変わり、思わず笑ってしまうようなシーンであった。

 そんな深瀬を、浅見らゼミ仲間がそれぞれに励ますシーンは、「突然ワチャつく男子最高だわ(笑)」「4人の会話がおもしろすぎて、シリアス展開なのを忘れそう」「4人の仲の良さが自然に出てるシーンで和んだ~」と評判であった。シリアスな展開に差し込まれる仲間同士のテンポの良いやりとりも、このドラマの見どころだろう。

 物語も終盤に差し掛かり、ますます緊張感が高まる『リバース』。第8話の最後には、小笠原が何者かに刺され、深瀬には新たな脅迫メールが届く。越智が「警察に出頭する」と告げたあとの展開だったため、彼女以外にもゼミ仲間に危害を加える人物がいることを匂わせていた。二転三転するストーリー展開から、最後まで目が離せない。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Kis-My-Ft2 玉森裕太 関連記事