夏季休暇 の発送・お問い合わせに関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

 

休業中にいただきました、ご注文・お問い合わせにつきましては、
営業再開の8月17日(水)以降、順に対応させていただきます。

 

また、8月11日(火)にいただいた、ご注文・お問い合わせにつきましても、
8月17日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

著名人から高評価されるV6森田剛、「ちゃんと芝居のできる人間になりたい」と抱負を語る

2017.10.4

森田剛

著名人から直々にオファーがくるなんてすごい!

 さまざまな演出家のもと、舞台経験を積んでいるV6森田剛が、新たな舞台『すべての四月のために』で主演を務める。「BEST STAGE」2017年11月号(音楽と人)では、森田が単独インタビューに答え、舞台に向き合う真摯な姿勢を語った。

 物語は、第二次世界大戦下のある島で、理髪店を営む朝鮮人家族を中心に展開する。森田が演じるのは、四姉妹の長女に想いを寄せながら、次女と結婚するという複雑な役どころだ。

 作・演出を手掛ける鄭義信から「森田さんと芝居がしたかった」とラブコールを受けていたことから、「このキャラクターも森田をイメージして書かれたのでは?」という質問に、森田は「役に対して思うことは、僕は特にありません。自分にできることは限られていますし」とドライな回答をしてみせる。

 だが、その内面は役者としてのプライドが沸々とたぎっている様子。「僕も鄭さんとご一緒に舞台をやらせていただきたいと思ったし、すべて終わったときには“一緒にやれて本当によかった“と思いたい。ちゃんと結果も残さないといけないとも思います」と語り、鄭本人も自らを「しつこいタイプ」と笑うほど内容の濃い“粘る稽古“が待っていることに対しても、森田は「そこは鄭さんと一緒に舞台をやりたいと思った、大きな理由のひとつ」「とにかく今は、稽古場が楽しくなればいいなと」と受けて立つ覚悟を覗かせた。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

V6 森田剛 関連記事