Sexy Zone VS ハロプロの戦い再び……3作連続の“オリコン1位争い”に、疲弊するファンの悲鳴

2017.10.6

 そこでファンは、CDの追加購入を開始。今回「ぎゅっと」は3形態での発売となっているが、何とかSexy Zoneの連続1位記録を14作につなぐため、すでに購入しているCDを追加で購入しているよう。これはSexy Zoneのファンだけでなく、過去にはKis-My-Ft2が16年8月にリリースしたシングル「Sha la la☆Summer Time」や、A.B.C-Zが17年2月にリリースしたシングル「Reboot!!!」でも、オリコン週間シングルチャート1位獲得に“黄色信号”が灯ったときに、ファンの間で追加購入をする流れが起こっていた。

 とはいえ、Kis-My-Ft2にしてもA.B.C-Zにしても、“デビュー5周年”というタイミングでリリースされたシングルであったことが追加購入の大きな理由になっていた。彼らの5周年に華を添えるために「1位をプレゼントしたい」という思いから、複数枚購入していたファンは多かった。一方Sexy Zoneの場合は“連続1位”の記録をかけているため、今回記録が途切れなければ、この戦いはまだまだ続くことになる。

 現に、Sexy Zoneが16年10月にリリースしたシングル「よびすて」でも、17年3月にリリースした「ROCK THA TOWN」でも、オリコン週間シングルチャート1位を別のアーティストと競っていた。「よびすて」の際はTHE YELLOW MONKEYの15年ぶりのシングル「砂の塔」が強力なライバルとなり、「ROCK THA TOWN」では、女性アイドルグループ °C-uteのラストシングル「To Tomorrow/ファイナルスコール/The Curtain Rises」と1位の座を争った。最終的にはどちらもSexy Zoneが勝りめでたく1位を獲得している形だが、裏を返せば、3作連続でSexy Zoneに1位獲得の危機が迫ったとも言える。

 この状況を受け、「3作連続で追加購入はさすがに厳しい……正直疲れちゃったなあ」「1位にこだわり続けなきゃいけないの、本当に大変なんですけど……」「セクゾに1位取ってほしいけど、毎回リリースの度に複数枚買わなきゃいけない空気になるのがイヤだなあ。応援の仕方はそれぞれなんだし」と、疲弊したファンの声も聞こえてくる。

 なお、現在Sexy Zoneと1位争いをしているモーニング娘。’17は、8日に全国各地で「邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!」購入者を対象にした握手会を実施する予定。1位の座を獲得するのは誰なのか、アイドルファンの注目が集まる。

コメント

  1. 名無しだJ より 2017年10月6日 6:52 PM

    セクゾ頑張れー!!

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2017年10月6日 6:54 PM

    セクゾ担じゃないけど
    とってもいい曲で初めて聴いて時セクゾっていいなって思った曲です
    だから是非1位なってほしいなぁ

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2017年10月6日 9:08 PM

    ぎゅっとだけじゃなく、それぞれのカップリング曲もすごくいい曲なのでぜひ買って聴いてほしいです

    - -

    -
  4. 名無しだJ より 2017年10月7日 8:22 AM

    がんばるのはセクゾじゃなくて盲目担当です(笑)緊急ファンミとかあればいいのにね~。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Sexy Zone マリウス葉 中島健人 佐藤勝利 松島聡 菊池風磨 関連記事