「7人でデビュー予定だった」「実はハーフ」、ジャニーズWEST中間淳太が知られざる真実を告白

2015.3.1

「7人でデビュー予定だった」「実はハーフ」、ジャニーズWEST中間淳太が知られざる真実を告白

インタビューでファンを安堵させてのは、金持ちキャラに偽りなしの一文!

ジャニーズWEST・中間淳太が「Myojo」2015年4月号(集英社)の「10000字ロングインタビュー 裸の時代~僕がJr.だったころ~」に登場しました。昨年10月号の桐山照史からスタートしたジャニーズWEST編も今回でラスト。これまでメンバーはそれぞれ、中間・桐山・重岡大毅・小瀧望の4人でのデビュー発表から、藤井流星・濱田崇裕・神山智洋を加えて7人でデビューするまでの過程を告白していましたが、最後の中間はさらに踏み込んだ裏話を語ってくれています。

デビュー前まで桐山とのユニット「B.A.D.」として活動し、長きにわたって関西Jr.の先頭に立ってきた中間。インタビューの冒頭では、Jr.時代を振り返って関西Jr.ならではのリアルな実態を明かしています。関西Jr.は東京を拠点に活動しているJr.と異なり、基本的な仕事は夏と冬のコンサートのみですが、

「夏にファンになったJr.が、冬もいるもんやと思って来たら、ステージにそのコがいないなんてしょっちゅうで。“あれ!?”って戸惑って、涙をこらえてるファンの顔、僕らは何度も何度も見てきてる。それは、どんなことよりもツライことで。“ゴメン、あいつやめたんだ。でも次の夢に向かって歩き出してるよ”って伝えたい。でも、言えない。誰かやめても、それを発表する場すらない」

と、当時の苦悩を告白。別の道を歩みだした同志を見送り、踏ん張ってきた中間らに転機が訪れたのは、2011年春に関西Jr.が西日本ツアーを開催したこと。関西Jr.からは04年にデビューした関ジャニ∞以来、デビュー組が誕生していませんでしたが、この頃から関西Jr.の快進撃が始まったのです。13年春に初の全国ツアー&映画『関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!』の公開、夏にはかつてSMAPやKinKi Kidsが出演し“伝説の舞台”といわれている『ANOTHER』で中間、桐山ら関西Jr.がメインキャストに名を連ねました。中間は「10000字」インタビューで、デビューに向けて動き始めた13年について聞かれると、

「みんなのインタビュー読んでると、ちょっとボカシてるけど、9月の『ANOTHER』の時点で、“7人でデビュー”って事務所から告げられてたんですよ。デビュー曲はどうするかって話もしたし、ジャニーズWESTの名前も候補の中にあって。だから、俺らは、“7人でデビューできる!!”ってよろこんで。カウントダウンでデビュー発表するかもしれないってウワサもあったし」

と明言。同誌1月号の神山の「10000字」でも「9月の『ANOTHER』のときに、“関西Jr.、デビューの可能性あるよ”ってジャニーさんから言われて。(藤井)流星はドラマでいなかったんですけど、“7人ちゃうか”って、6人で話してたんです。“俺ら、絶対7人でデビューしよう”って約束していて」などと語っていましたが、中間いわく当時はデビュー曲のことにまで具体的な話が進んでいたそう。7人でのデビューを確信していたメンバーのことを思うと、あらためて胸が締め付けられるような残酷な話ですが、 “7人”にこだわったメンバーが事務所を動かそうと奮闘したことは、これまでにも語られている通り。

しかしそんな、苦労の末にようやく7人でのデビューを勝ち取ったものの、デビュー後も「4+3」のような構図が浮き彫りになってしまったとか。中間は、

「最初、衣装も3人だけ装飾がなかったり、流星だけ金色が少なめとかあったんです。衣装さんに頭を下げて、“少なめにするなら、もう真っ黒にして、まったく別物にして目立たせてください”って。ほかにも、神ちゃんが、“衣装に帽子をつけたい”って言ったけど、それはナシでって事務所に言われたんですけど、神ちゃんが望むなら絶対にかぶらせたいって思って。俺、帽子似合わんけど、“僕、かぶります”って言って。そしたら、神ちゃんの帽子もオッケーになるんで」

と、やはり先にデビュー組に選ばれた中間らの方が、後に加入した3人よりも“優遇”されていた実態を暴露しています。とはいえ中間は最後に「僕ら7人も、もう忘れたっていうか、そんなんもあったなくらいの気持ちだから。だから、今日全部しゃべって、あの日々のことを話すのは、最後にしようって」と話しており、メンバーはもう過去のことは振り返らずに前だけを見て進んでいるよう。

このようにデビュー前後の貴重なエピソードも飛び出した中間のインタビューですが、実はもうひとつ驚きの事実が明らかに。これまで中間は「父方の祖母が台湾人のクォーター」とされてきましたが、「中間くんはクォーターなんだよね?」という問いに、

「それねえ、2、3年前に知って衝撃やったんですけど、父方の祖父も台湾人だったってことがわかって。つまり父は台湾人で、僕はハーフなんです」

と、突然の“ハーフ”宣言。今回の「10000字」を読んだファンからも「淳太くんハーフだったのか!」「10000字で一番ビックリしたのは淳太くんがクォーターではなくハーフだったこと」と、驚きの声がTwitterに上がっていたのでした。そんな個性あるメンバー7人が集まったジャニーズWEST。間もなくデビュー1周年ですが、デビューまでにグループ最大の壁を乗り越えた彼らは、ここから快進撃を見せてくれるはずです。

コメント

  1. まま より 2015年3月1日 10:59 AM

    淳太君!ずっと応援しています。

    - -

    -
  2. まちゅげん より 2015年3月1日 12:37 PM

    じゅんじゅんハーフっぽいもんね

    - -

    -
  3. AAA より 2015年3月1日 12:38 PM

    確かに神ちゃんが帽子かぶってる時、淳太くんも帽子かぶってる

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ジャニーズWEST 中間淳太 関連記事

ジャニーズWESTの関連商品

あなたにおすすめのチケット情報