すぐに公演再開を決意? 堂本光一が『Endless SHOCK』の事故当日を振り返る

2015.9.3

すぐに公演再開を決意? 堂本光一が『Endless SHOCK』の事故当日を振り返る

まさに「show must go on」!

<ジャニタレ掲載誌チェック!!>

堂本光一が、「BEST STAGE」2015年10月号(音楽と人)にて、今年3月に帝国劇場で起きたミュージカル『Endless SHOCK』での事故を振り返った。

3月19日13時に開演となった「昼の部」で舞台上を移動するLEDパネルが転倒する事故が起こり、出演者5人、スタッフ1人の計6人が負傷。同日18時からの「夜の部」は中止となった。

光一は、「もちろん事故自体はあってはならないことで、非常に残念ではあったんだけど、自分の中では、大きいことや小さいこと、いろんなことがこれまでにもあったので、常にその時点でできる対処をしてきたつもりです。今回もそれは変わらない。なので俺自身は何の動揺もありませんでした」と語っている。

続けて「あのときに俺にできることなんて、そんなに多くないわけで。とにかく俺の意見として、“明日、公演を再開するべきだと思う”と、それだけをスタッフに伝えて帰りました。次の日は、まだ公演の許可が下りるのかも分からない状態のままで、リハーサルもやりましたよ。役者としてはステージに立つことしかできないから、そのときにできることを、やるしかない」と役者としての強い決意があったことをうかがわせている。当日は、帝国劇場にマスコミが詰めかけ、トップニュースとして報道された。しかし、“座長”光一の一言により、ミュージカルは翌日に再開された。

光一は「再開しても、ほんのちょっとしたミスも許されない状況だ、という意識は皆の中にあったと思う。ちょっとのミスでも客席の動揺につながってしまうので。再開後そういう緊張感はありました」と述べた。その後、2カ月続いたミュージカルの千秋楽カーテンコールでは「今回はあってはならない事故も起きてしまい、僕らにとっては非常に試練の年だったかもしれません」とあいさつしたことも記憶に新しい。

今後『Endless SHOCK』は、9月8日~30日に大阪・梅田芸術劇場メインホール、10月7日~31日には福岡・博多座で上演される。光一は、大阪・福岡公演に向けて、「これまでやってきたことを変わらずに、続けるのみですね。何かが起きたとしても、物事はなるようにしかならない、といつも思ってる。そのときにできる最善を尽くす。その意識は変わらずにやっていきますよ」と変わらぬプロ意識を口にした。

華やかで非日常的な空間にファンを誘うジャニーズの舞台だが、その座長を務めるには、光一のように強い責任感とリーダーシップが必要なようだ。

コメント

  1. 匿名 より 2015年9月4日 1:14 AM

    まさに「別格」

    - -

    -
  2. 水玉 より 2015年9月4日 11:55 AM

    おーすごい

    - -

    -
  3. みーころ より 2015年9月4日 1:10 PM

    プロ意識すごい
    応援しよ

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Kinki Kids 堂本光一 関連記事

Kinki Kidsの関連商品

Kinki Kidsのチケット情報