やっぱりジャニーズは愛おしい! 『野球大会』でファンが見逃さなかった“珍プレー”

2016.4.17

やっぱりジャニーズは愛おしい! 『野球大会』でファンが見逃さなかった“珍プレー”

こうみえて運動神経悪い雄也が大活躍(帰り際含む)だったなんて!

 「ジャニーズの長男坊」こと近藤真彦から、ジャニーズJr.まで多くのタレントが参加した『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』が、4月13日に開催された。V6坂本昌行、KAT-TUN亀梨和也、嵐の二宮和也、中山優馬ら、プライベートでも野球に親しんだり、野球に関連する仕事をするタレントをはじめ、各グループ1~3名を選出。出演者リストには名前がなかったスペシャルゲストも多数登場し、会場を盛り上げた。

 近藤が率いる「J.Red」と、少年隊・東山紀之が監督を務めた「J.White」チームに分かれての対決となった今回の大会は、1回表にJ.RedのHey!Say!JUMP高木雄也とジャニーズJr.高橋優斗の連続ヒットなどで6点を先取。その後、J.Whiteの坂本が2ランホームランで流れを変え、3回裏で6-6の同点に。4回表でJ.Redの中山、Kis-My-Ft2横尾渉のヒットなどで8点目を獲得し、試合はそのまま8-6でJ.Redが勝利。MVPには敗戦チームながら坂本が選ばれ、敢闘賞は中山、ファインプレー賞にKinKi Kids堂本光一、亀梨、Jr.の高橋が輝いた。

 また、スペシャルゲストにはV6井ノ原快彦やNEWS増田貴久らがドームに駆けつけ、試合中や試合終了後にショータイムやダンスコーナーも行われた。大盛況のうちに終わった野球大会だが、Twitter上では試合を見守ったジャニーズファンの“こぼれネタ”レポートも話題になっているので、その一部を紹介しよう。

■V6坂本は亀戸の星!?

 MVPを受賞するほど大活躍だったV6坂本は、3回裏でキャッチャー用のヘルメットを被ってバッターボックスに向かい、解説席の井ノ原から「そういうところがダメなんだよ」とツッコミを受けていた。さらに井ノ原は、坂本の出身地である東京・江東区の亀戸に絡めて「亀戸でいまだに野球やってますからね。亀戸の星です」とイジるなど、“舌好調”。そんな坂本は練習時こそ“髭アリ”だったが、試合ではきちんと髭を剃って“アイドル仕様”になっていたそう。さすが亀戸のスター!

■JUMP高木、大活躍もクールな“逃げ足”

 一方、J.Redの勝利に貢献した高木は、実は野球未経験。選手インタビューでは、練習のためバッティングセンターに行ったものの、「20球中1球しか打てなかった」ことを明かした。しかし、予想外に活躍にファンからは「バッティングセンターで1球しか打てなかったのに試合でヒット打っちゃう雄也くんかっこいい」という声も。“やればできる子”だった高木、最後には先輩を差し置いて真っ先に球場からはけていった、とのクールな目撃談も上がっていた。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年4月17日 9:36 AM

    関ジャニ∞もでてほしいかったなぁ…
    忙しいのかなぁ…

    - -

    -
  2. 名無しだJ より 2016年5月9日 8:35 PM

    JUMPの裕翔くん、変な女とつき合ってたから、唯一の売りである顔がゆがんでしまってる。

    20才年上の品格のない中堅女優と半同棲して夜道で手をつなぐようなアイドルは
    頭が悪い。センス悪い。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Hey!Say!JUMP Kis-My-Ft2 V6 中島裕翔 二宮和也 井ノ原快彦 千賀健永 坂本昌行 嵐 高木雄也 関連記事

Hey!Say!JUMPのチケット情報