『Mステ』でボカロ曲を推した嵐・二宮和也の影響で、ファンもボカロ好きに!?

2016.5.24

『Mステ』でボカロ曲を推した嵐・二宮和也の影響で、ファンもボカロ好きに!?

「ん~、ボカロというよりピアニストに興味あるんだけどな~」

 5月20日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、嵐とA.B.C-Zが登場。「アーティストが選んだとっておきの切ない1曲」のコーナーでは、嵐5人とA.B.C-Z橋本良亮がそれぞれ思い入れのある楽曲を紹介したのだが、二宮和也が選んだある曲が話題となっている。

 動画投稿サイトで聞いたというピアノ曲を紹介した二宮だが、原曲がボーカロイドの楽曲ということで、ファンは驚き。「六兆年と一夜物語」という、総再生回数800万回を超える有名曲で、二宮は「投稿サイトで見た子がすごかったんですよ。まだプロみたいな感じじゃなくて、普通に弾いてる子だったんで、それに感動したんですよ」と、前のめりになりながら力説。楽曲もさることながら、演奏していたアマチュアのピアニストに強く魅了されたようだ。

 二宮とボーカロイドというと、あまり接点がないように思えるが、以前本人がその魅力を語っていたことがある。14年10月に放送されたラジオ『bay storm』(bay fm)では、「最近は、ボカロとかよく聞いてますね」と切り出し、「すごい」「楽しい」を連呼しながら、ボーカロイドによって作られた楽曲のカバーをよく聞いているのだと語った。そのカバーをしている一人が、まらしぃ氏というピアニストだそうで、二宮は「その人がすごいの。正確にはその人“を”聞いてるっていうこと。その人のやつを聞きたいがために、オリジナルすげえ聞いてるっていう」と、ボーカロイドのちょっと変わった楽しみ方を明かしていた。

 そして、同年に発売された嵐の13枚目のアルバム『THE DIGITALIAN』に収録されている二宮のソロ曲「メリークリスマス」には、まらしぃ氏がピアノ演奏で参加している。“菜食主義(ベジタリアン)”に引っかけた造語“デジタル主義(デジタリアン)”がアルバムのコンセプトだが、「(デジタルを)アナログに直してる人もデジタリアンだなって」と解釈した二宮が、直々にオファーしたのだとか。まらしぃ氏を通じてボーカロイドに親しむようになったのだろう。

 『Mステ』を見たファンからは、「ニノってボカロ好きだったんだ、意外」「ゲーム好きなのは知ってたけど、ボカロも聞くとは」という声も上がっており、中には「『六兆年と一夜物語』はニノの曲」と主張して、ボーカロイド好きを怒らせている人も出現。しかし、曲を聞いて魅力を確認しているファンも多いようだ。

 ゲーマーでインドア派の二宮だが、ファンに新しいジャンルの文化を運ぶのには一役買っている。ハマると一直線な性格のようだが、次はなにに夢中になるのか、非常に気になるところだ。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

二宮和也 嵐 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報