9年ぶりのアリーナツアーに迫った『ARASHI COME ON ARENA!!』、嵐のメンバーごとの見どころは?

2016.6.27

嵐

『ARASHI COME ON ARENA!!』(鹿砦社)

 2015年10月に発売された、嵐14作目のオリジナルアルバム『Japonism』。発売後2週連続でオリコン週間アルバムランキング1位を獲得し、その後12週目でミリオンセラーを達成。さらに、2015年の年間アルバムチャートでも1位を獲得する大ヒットとなった。そんな『Japonism』を引っさげて行われたのが、5大ドームツアー『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』と、9年ぶりとなるアリーナツアー『ARASHI “Japonism Show” in ARENA』である。

 『ARASHI “Japonism Show” in ARENA』は、16年4月21日からサンドーム福井で始まり、8月10日の横浜アリーナまで続く予定。鹿砦社では、アリーナツアーの幕開けとなった福井公演の様子を収めたフォトレポート『ARASHI COME ON ARENA!!』を発売中。『Japonism』でしか見られない、赤と白の番傘を使った演出や、ダンス・MC中のイキイキとしたメンバーの表情を、カラー写真でたっぷりと堪能できる。

 そこで今回は、『ARASHI COME ON ARENA!!』を参考に、ジャニーズ研究会編集部が独断と偏見で選ぶ、アリーナツアーの見どころをメンバーごとに紹介していこう。

 ■普段は見せない表情でファンを魅了! 嵐のリーダー大野智

 「ほのぼの」「まったり」という言葉が似合う、癒やし系メンバー大野。嵐の最年長、そしてリーダーでありながら、メンバーからイジられることもしばしば。しかし、ひとたびステージに立てば、彼の表情は一変する。「Sakura」「miyabi-night」などのダンスナンバーで、指先まで神経の行き届いたダンスを披露する姿は必見だ。そして、ジャニーズの伝統芸マスクマジックでは、歌舞伎役者さながらのド派手な衣装で登場。番傘や扇子を操る姿に、驚くこと間違いなし!

 ■いつでもどこでも頼れる存在! “サクラップ”も絶好調な櫻井翔

 ニュースキャスターとして時事問題に鋭く切り込んだかと思えば、バラエティー番組でダサすぎる私服を披露してしまう、愛すべきキャラクターの櫻井。そんな彼がソロで挑戦したのは、ジャニーズJr.を従えてのドラムライン。華麗なスティックさばきと、貫禄の表情は必見だ。そして新曲「Daylight」では “サクラップ”も披露。アーティストとしての櫻井が、随所に散りばめられている。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

二宮和也 大野智 嵐 松本潤 櫻井翔 相葉雅紀 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報