スマスマで披露したback numberの「青い春」が5位まで浮上、収録秘話では「(SMAPに)伝わったと思う」

2016.11.17

木村拓哉,、香取慎吾

SMAPに届いていますか?

 11月14日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に、3人組バンドback numberが「S LIVE」のゲストとして登場した。「S LIVE」は、国内外を問わずあらゆるジャンルのアーティストがSMAPとのコラボレーションで楽曲を披露するコーナー。歌番組のように作りこんだスタジオセットや照明、カメラワークでのパフォーマンスが楽しめる。また、12月31日を持ってグループとしての活動を終了すると発表したSMAPにとって、5人全員で歌う貴重な機会にもなっている。

 back numberが『SMAP×SMAP』に登場するのは2回目で、前回はback numberのシングル曲から「クリスマスソング」と「高嶺の花子さん」をSMAPとコラボレーションした。パフォーマンス後のトークでは、中居正広がback numberについて「ボクすごく好きなんですよ」と明かし、中居からのリクエストで「高嶺の~」のコラボレーションが実現したと語っていた。

 そして今回は、12年にリリースされたシングル「青い春」と、新曲の「ハッピーエンド」を披露。放送後、このパフォーマンスに「感動した」という声がネット上に続々と投稿され、大きな反響を呼んでいた。

 SMAP解散発表後、この「S LIVE」は特にファンからの注目が集まるコーナーとなっている。というのも、先日登場したTHE YELLOW MONKEYは、再結成後に発表した「ALRIGHT」を歌い、「もう一度運命の タイマーを回して 今夜 準備 ALRIGHT!」などの歌詞が「SMAPへエールを送っているよう」だと、ファンの間で話題に。また、松任谷由実が登場した際には、「守ってあげたい」を6人で歌いあげ、終始笑顔でSMAPメンバーを見つめる松任谷の姿がファンの涙を誘っていた。

 back numberの「青い春」にも、「型にはめ込まれたって きしんだレールの上だって 負けじと明日へと向かう」「理想の未来なんて用意されていない でもその中で願ってるのさ ああ光を 光を」など、“解散後のSMAP”を思わせるような歌詞が。また「ハッピーエンド」では、中居が目を瞑って「大丈夫 大丈夫」というフレーズを歌う姿が映し出された。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SMAP 関連記事

SMAPのチケット情報