「僕らは歩いていく方向を自分で決めている」! 「ポポロ」の連載最終回で木村拓哉が意味深発言

2016.12.30

木村拓哉

いつか胸の内を聞かせてください

 先日、20年9カ月続いたSMAPの冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が、ついに最終回を迎えた。SNSには多くの芸能人や著名人がSMAPに対する想いをつづり、“国民的アイドル”の解散が目前に迫っているということで、今、日本中の関心が彼らに集まっている。

 そんな中、アイドル誌「ポポロ」(麻布台出版社)に掲載されていたSMAPの連載が、2017年2月号でついに最終回を迎えた。最後のインタビューを受けたのは木村拓哉。23日に同誌が発売するやいなや、解散について言及した部分があったため、「読みたいけど読むのが怖い」という複雑な心境を抱くファンたちも。

 木村は同誌で、読者やファンに対して感謝の言葉を述べた後に「みんなに感じてもらいたい気持ちに見あったものは、まだ渡せていないのが現状」と、ファンの気持ちを理解した上でのもどかしさを語った。また、解散の詳細を語らず沈黙を貫いているメンバーとファンの間に“距離感”ができているのではと案じ、「『ごめん』って言いたい」とコメントした。

 今年1月の解散報道の際には、メンバーはチーフマネジャー・飯島三智氏と共にジャニーズ事務所からの独立を検討していたが、木村がジャニーズ残留を宣言したとも報じられ、木村が“戦犯”として矢面に立たされることも多い。それを踏まえたのか、「ただ今は、どんな気持ちを持ってしても、それを『こうなんです』って言葉に変換したときに、とらえられ方があまりにも多様で」「別にどう解釈されてもいいんだけどね。でも、勘違いされがちではあると思う」と本音を漏らした。この一文から、木村なりの苦悩や葛藤を感じ取れる。

 最後に「ひとつだけ言えるのは、僕らはそれぞれが歩いていく方向を自分で決めているということ」と意味深に発言し、「当たり前のように思っていることでも、すべて変わらないものなんてない。いつまでも続くように思っているものにも永遠はない」と言い切った。そして、「だからこそ誰にとっても今日この1日がかけがえのないもので、貴重なもの」と述べ、最後には来年も「1日1日をたいせつに過ごしたい」と語っている。

 この連載記事を読んだファンからは、「いつもの木村さんだった。大好きだよ」「真っ直ぐで優しい木村拓哉そのものだった。読んでよかった」などといった安堵の声が上がっている。“解散”を実感させる切なさがありつつも、いつでもまっすぐに前を見つめる木村の姿に、ファンは心打たれたようだ。

 SMAP解散の時はすぐそこまで迫ってきているが、来年以降もそれぞれが前を向いて歩いていってほしいものだ。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年12月30日 7:50 PM

    身勝手な自己弁護。安泰だから言える。

    - -

    -
  2. まるるs より 2016年12月30日 11:23 PM

    大人になれば、自分の意思だけで思い通りの環境にならない事は、当たり前のようにある。そんな中で、あえて何も言わず散り行く彼らこそ、一流のスターだったと思うのです。口を開いて誰かを悪者にする流れより、何も言わないで散る。寂寥の思いはあるけれど、彼らの英断に敬意を込めてありがとうと言いたい。そして、散った先でも花を咲かせてくれるよう応援したいと思います。

    - -

    -
  3. 名無しだJ より 2017年1月4日 10:58 PM

    木村の話しはいつも解りにくいんだよな。ラジオでも壁は自分とか観念的なこというし。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

木村拓哉 関連記事

木村拓哉のチケット情報