亀梨和也、KAT-TUNの再始動について「軽いノリじゃない」「充電終わります、ってものでもない」

2017.3.27

亀梨和也

最新のFC会報を見て、再始動を願ったファンは多いと思うよ……

 1月末に一部週刊誌で報じられた、KAT-TUNの再始動。復活の第一弾となる作品は「亀梨和也主演ドラマの主題歌」と報道されたが、正式に4月にスタートする亀梨主演ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)が発表された際、主題歌のクレジットには、KAT-TUNではなく「亀と山P」というユニット名が挙がっていた。2005年に放送されたドラマ『野ブタ。をプロデュース』(同)から派生したユニット「修二と彰」と同様、亀梨と共演する山下智久とのスペシャルユニット「亀と山P」が結成されるというニュースに、KAT-TUNの再始動に期待を膨らませていたファンは意気消沈していた。

 そんな中、「QLAP!」2017年4月号(音楽と人)では、亀梨がKAT-TUNについて言及。充電期間中の心境を語った。

 ジャニーズ恒例の年越しイベントで、テレビでも放送された『ジャニーズカウントダウン2016-2017』(フジテレビ系)だが、今回はKAT-TUN不在。ネット上でもたくさんのファンから「寂しい」といった声が上がっていた。それを受けて亀梨は、「カウントダウンだから集まっちゃう? っていう軽いノリのものじゃない」と充電期間を設けたことへの強い覚悟を改めて示した。

 「ファンが悲しむから集まろうってことにポイントを置くなら、この選択はしていなかったよ。覚悟を持ってやってることだから。そういう思いも含めて、それぞれがいろんなものを蓄積していけたらいいんじゃないかな」

コメント

  1. 名無しだJ より 2017年4月9日 1:50 PM

    個人活動が多いので地方に行って地元のイベント参加してください。鳥取県境港市の妖怪イベントに鬼太郎コスプレでゲスト参加して下さい。リアル鬼太郎のカメ様へ。ねずみ男は明石家さんまさん、猫娘は小池栄子さん。

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

KAT-TUN 上田竜也 中丸雄一 亀梨和也 関連記事

KAT-TUNのチケット情報