夏季休暇 の発送・お問い合わせに関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

 

休業中にいただきました、ご注文・お問い合わせにつきましては、
営業再開の8月17日(水)以降、順に対応させていただきます。

 

また、8月11日(火)にいただいた、ご注文・お問い合わせにつきましても、
8月17日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

キスマイ藤ヶ谷出演のドラマ『櫻子さん』第4話、盛り上がりに欠ける展開の中で光る藤ヶ谷の「心の声」

2017.5.18

藤ヶ谷太輔

ガヤさんのノリツッコミ、新鮮すぎる

Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔が出演するドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)の第4話が5月14日に放送され、視聴率は前週から0.7ポイントダウンの5.0%(関東地区平均、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。

 太田紫織氏による同名のミステリー小説を原作とした同ドラマは、「三度の飯より骨が好き」という標本士の九条櫻子(観月ありさ)がその専門知識を駆使して事件を解決していくストーリー。藤ヶ谷は、変人である櫻子に振り回される形で事件にかかわっていく博物館の技術補佐員・館脇正太郎を演じている。

 今回は、正太郎が勤める博物館のオーナー・東藤(佐々木勝彦)が登場。櫻子(観月)や正太郎は東藤の誕生会に招待され、前日から屋敷に泊まり込むが、翌朝自室で亡くなっている東藤が発見される――という展開だった。

 残念ながら、櫻子の「謎解き」は医学知識を披露しただけで終わってしまい、「骨が好き」という設定はまったく活かされなかった。櫻子のキャラクター自体も「やたらと説教くさい熱血漢」で固定化されてしまったようで、幼なじみである薔子(富田靖子)との会話もいまひとつかみ合わない。視聴者からは、「もう少し浮世離れした感じやミステリアスさを感じさせる櫻子さんを期待したい」との声が上がっている。

 一方、藤ヶ谷演じる正太郎の心の声は、今回もドラマの中でのツッコミ役として存在感を発揮。博物館にやってきた薔子が櫻子を見付けて「さぁちゃーん」と呼びかけると、すかさず「えっ、さぁちゃん?」と心の中でツッコむ。自分の遺骨を標本として博物館に展示してほしいという東藤の望みを聞いた時には、欽ちゃんのモノマネで「なんでそうなるの!」と渾身のツッコミを入れた。誰の耳にも届いていないのが悲しくも笑える。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Kis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔 関連記事