夏季休暇 の発送・お問い合わせに関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

 

休業中にいただきました、ご注文・お問い合わせにつきましては、
営業再開の8月17日(水)以降、順に対応させていただきます。

 

また、8月11日(火)にいただいた、ご注文・お問い合わせにつきましても、
8月17日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【キスブサ ウォッチ!!】A.B.C-Z塚田僚一が参戦! 上位入りに自信を見せたが、結果は「マジでキモい!」と散々!?

2017.5.27

塚田僚一

サイコパス塚田の片りんを見せつけた塚ちゃん!

――Kis-My-Ft2は“チョーカッコイイ”男になれるのか!? 『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)の放送内容を毎週更新!



■テーマと審査員

 5月22日の放送は、「女性をキュンとさせるジムのインストラクター」がテーマ。健康維持やストレス解消を目的とし、働く女性から今注目を集めているスポーツジム。インストラクターとして、お客さん(マイコ)のトレーニングをサポートし、「また来たい」と思わせるキュンとするひとときを演出する。

 この企画に挑むのは、キスマイメンバー全員と、ゲストチャレンジャーのA.B.C-Z塚田僚一の8人。スタジオにはKAT-TUN亀梨和也も登場し、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔と“同期”3人が集結した。ジャニーズの“筋肉番長”としておなじみの塚田を相手に、藤ヶ谷をはじめキスマイメンバーはどのようなシチュエーションを演出するのか。審査員は一般女性100人。

■順位

 1位:藤ヶ谷太輔 2位:北山宏光 3位:宮田俊哉 4位:玉森裕太 5位:千賀健永 6位:横尾渉 7位:二階堂高嗣 8位:塚田僚一

■Kis-My-Ft2メンバーの“胸キュン”シチュエーションとその評価は……?

8位:塚田僚一

 順位が発表された途端、「うっそ~!? うっそ~!?」とショックを受けていた塚田。本人的にはかなりの自信を持って挑んだようだが、女性審査員からは過去にないほどの酷評を受けることに。筋トレやリハビリにも使われている注目アイテム「セラバンド」を使って足全体を鍛えるトレーニングを行ったのだが、足を上下させるマイコのことを笑顔で凝視する姿には、女性審査員の間に「キモい! キモい! キモい!」「なんのプレイ!?」と衝撃が走る。さらに、楽しくトレーニングができる方法として“しりとり”を提案し、最後に言葉をつなげて「トレーニング中 君 見ていた」とのメッセージをマイコにプレゼント。しかしこの工夫は「ホラーじゃん」「マジでキモい」「ドン引きだけど」と非難を浴び、堂々の最下位に。

7位:二階堂高嗣

 背筋を鍛える「バックエクステンション」を使って、ウエストの引き締めを目的としたトレーニングを実践。二階堂がバランスボールに座り、キープできた秒数と同じ回数、マイコがバックエクステンションを使った腹筋運動をするというゲームを提案したが、まったく盛り上がらず、一般女性にも「意味不明」「なにそのルール」「どこが楽しいの? これ」と工夫が上滑りする結果に。また、指導のためにマイコの腰あたりに手を置いていた二階堂だが、「手の位置がセクハラ」と致命的な指摘をされてしまい、残念ながら7位となった。

6位:横尾渉

 ボードを使ってウエストを引き締める「シンプリーフィットボード」でのトレーニングを指導した横尾。説明中の強めの口調や滑舌の悪さに、「バカっぽい」「こういうことで『し』?」とツッコミが入り、横尾の弱点が前面に出てしまっていた。また、キツすぎるトレーニング内容も「超スパルタ……」「女子にはキツイよ」と受け入れてもらえず、「終始ムカつく」「優しさゼロ」と、女性審査員には“キュンポイント”が感じられなかったようだ。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

A.B.C-Z Kis-My-Ft2 二階堂高嗣 北山宏光 千賀健永 塚田僚一 宮田俊哉 横尾渉 玉森裕太 藤ヶ谷太輔 関連記事