夏季休暇 の発送・お問い合わせに関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

 

休業中にいただきました、ご注文・お問い合わせにつきましては、
営業再開の8月17日(水)以降、順に対応させていただきます。

 

また、8月11日(火)にいただいた、ご注文・お問い合わせにつきましても、
8月17日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

『ボク、運命の人です』第6話、存在感が薄れつつあった山下智久が「永久アバーヨ」と「王将」で巻き返す!

2017.5.23

山下智久

神のやりたい放題、意外と好評でした

 KAT-TUN亀梨和也と山下智久が12年ぶりに共演しているドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)第6話が5月20日に放送され、平均視聴率9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 平凡な営業マンの正木誠(亀梨)の“運命の恋”を描いたラブコメディ。“神”と名乗る謎の男(山下)のアドバイスに従い、誠は湖月晴子(木村文乃)にアタックし続け、ついに第5話で偶然キスをするが、戸惑う晴子は「時間をください」と言うだけで交際には至らなかった。

 第6話は、謎の男が誠に「晴子を自宅に呼ぼう」と提案。「誠に足りてないのは女性を引っ張る男らしさ」と指摘し、亭主関白の夫が「メシ、フロ」と要求をするように晴子との会話を4文字以内でしろと命じる。そんな無茶ぶりにも素直に応じる誠。言葉少ない会話に晴子は不安を覚え始める。そんな中、上司の関原(大倉孝二)が誠の部屋を訪れた。謎の男の存在がバレるのではないかとうろたえる誠の様子を見て、関原は誠が女性と同棲しているのではないかと勘違い。晴子にそのことを告げてしまう。誠に疑念を持ち始めた晴子。誠はこの絶体絶命のピンチをどう乗り越えるのか。

 誠と晴子の恋が進むにつれて徐々に存在感が薄れてしまった感があった山下演じる“神”。このままでは“神”不在のフツーの恋愛モノになるのでは……と危ぶまれたが、今回は関原や同僚の葛城(澤部佑)、そして最後に晴子までが誠の部屋を訪れ、謎の男がいつ登場するのかとハラハラさせるシーンが多く、その場にいなくても存在をしっかりとアピールしていた。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

KAT-TUN その他ジャニーズ 亀梨和也 山下智久 関連記事