夏季休暇 の発送・お問い合わせに関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

 

休業中にいただきました、ご注文・お問い合わせにつきましては、
営業再開の8月17日(水)以降、順に対応させていただきます。

 

また、8月11日(火)にいただいた、ご注文・お問い合わせにつきましても、
8月17日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

「硝子の少年」誕生のきっかけは、たまたまテレビにKinKi Kidsが映ってたから!? 作詞家・松本隆が制作秘話を明かす

2017.7.24

 松本氏は「硝子の少年」がヒットするという確信があったそうで、それは「2人がものすごく歌がうまかったから」だとか。また、今でもKinKi Kidsが「硝子の少年」を歌い続けていることに関しては、「いまだに古くもならず、何の違和感もなく、かっこよく聞こえる。考えてみたら稀有なことです」と、製作者自身も楽曲の持つ力に驚いているようであった。

 同誌には、光一と剛のインタビューもそれぞれ掲載されており、2人からも「硝子の少年」についての言及が。光一は、「『硝子の少年』が、僕たちの音楽の土台として息づいているという想いはあります」と、まさに“原点”であると語り、その後リリースされた楽曲も、「硝子の少年」の世界観を引き継いでいると感じているよう。一方剛は、松本氏からも語られていた、いつまでも色あせない楽曲であることについて、「マイナーコードで憂いのある曲だからこそ、長く歌い続けられる」と分析。そして「そういうデビュー曲をいただけて、ほんとによかったと思います」と、改めて感謝の気持ちを表していた。

 このインタビューを読んだファンからは、「作詞時のエピソードや松本さんから見たキンキ像にグッときまくり。松本さんにデビュー曲を作っていただけてよかった!」「松本隆さんのインタビューが読み応えバツグン。こんなにたっぷり『硝子の少年』のお話をうかがえるなんて、ありがたいな~」「確かに『硝子の少年』はいつ歌っても時代を感じさせないんだよね。不思議な曲だと思う」との反響が。ファンもまた、「硝子の少年」について改めて考えるきっかけになったようだ。

 松本氏はインタビューの最後に、「2人とも自分の立場を守りながら、きちっと仕事をしている。向上心もあるし、ズルをしない」と光一と剛を評価。そして、「健全な野心は、モノ作りにおいて、すごく大事なことだと僕は思うので、そういうものを守りながら、これからもがんばってね!」とメッセージを送った。まさにKinKi Kidsの土台を作った松本氏からのこの言葉が、2人のもとに届くことを願いたい。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

KinKi Kids 堂本光一 堂本剛 関連記事