“真剣”な姿にファンもホレボレ……A.B.C-Z塚田僚一が居合道に挑戦し、「初伝認定」を目指した結果は!?

2017.9.13

塚田僚一

塚ちゃんのファンが5億人増えたことをお知らせいたします

 フジテレビ系にて『FNS27時間テレビ にほんのれきし』が9月9日から10日にかけて放送され、9日深夜に放送された「免許皆伝」のコーナーでA.B.C-Zの塚田僚一が真剣による居合に挑戦した。

 このコーナーは、古くから継承され続けている“奥義”を芸能人が修行し、習得を目指すというもの。その中で、俳優の加藤諒が法螺貝を鳴らすこと、タレントのボビー・オロゴンが馬に乗って矢を射る流鏑馬を課題とする中、塚田は真剣による居合道を担当。素早く刀を抜き放ち敵を制する居合道は、心身を鍛錬し真剣の扱いを訓練する「剣術の真髄」ともいわれる刀法。真剣を利用するため、当然ながらとても危険を伴うものだ。

 塚田は『27時間テレビ』への出演が発表された後、コンサートのMCなどで企画について「ジャニーズの人がみんな(出演を)断ったから(自分に仕事が)まわってきた」「すごく危ないこと」などと説明しており、ファンは一体どんな企画なのかと推測をめぐらせていたが、予想外の“危険”に驚いた人は多かった様子。「真剣を扱うなんて、確かに超危険……」「真剣を使う塚ちゃん楽しみだけど、ちょっとドキドキだわ」など、放送直後からネット上でも話題になっていた。

 スタジオでは、進行役の関ジャニ∞村上信五、お笑い芸人のウッチャンナンチャン南原清隆が見守る中、塚田はまず、修行のため道場に訪れた。運動神経抜群な上、舞台などで殺陣の経験もある塚田だが、これまでやってきたこととは全く違う居合に驚きの連続。初めて真剣に触れ、緊張した面持ちで「本物っていう実感がないです」と感想を述べていた塚田だが、スタジオでは「え、マジで?」(村上)「大丈夫か!?」(南原)と、ちょっと天然な発言に困惑しつつ笑いが漏れていた。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

A.B.C-Z 塚田僚一 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報