A.B.C-Z五関晃一、新曲の振付を河合郁人に“全却下”されて苦笑い

2015.9.29

A.B.C-Z五関晃一、新曲の振付を河合郁人に“全却下”されて苦笑い

ごっちとふみきゅんの戯れはすべて夫婦ゲンカにしか見えない

<ジャニタレ掲載誌チェック!!>

メジャーデビューから3年にして初のCDシングル「Moonlight walker」を9月30日にリリースするA.B.C-Zが、「オリスタ」10月5日号(オリコン・エンタテインメント)の表紙に登場。インタビューのほか、“大人カッコイイ”をイメージした新曲に合わせてシャンパングラスを手にしたショットなど、ややシックなグラビアも目を引く。

ちょっと懐かしい歌謡曲のメロディとグルーヴィーなダンスサウンドを融合させた今回の新曲。メンバーが制作にもかかわっているそうだが、今回のインタビューから見えるのは、高いセルフプロデュース能力だ。

選曲段階では全員がアイデアを出すそうだが、コンサートの演出などグループの“見せ方”にこだわる河合郁人が「(今回は)映像ではない分、動きではなく曲で聴かせないといけない」「1stだからこそ、A.B.C-Zの魅力が、いい意味でアピールできるスタンダードな曲」として推薦した「Moonlight walker」が採用される形に。当初この曲を選ぶことに迷いが合ったという戸塚祥太も、レコーディングしてみて楽曲と自分たちの歌声の相性のよさに気付いたそうで、「完成した曲を聴いて、『あ、これイケる』って思いました」と太鼓判を押している。

メインボーカルの橋本良亮は、今回いつもよりかなり時間をかけてレコーディングに臨んだそう。実際に何度も歌い、スタッフと協議しながら丁寧にレコーディングを進めていく様子はシングルの特典映像でも見ることができるが、これを見た塚田僚一が「音楽チームとコミュニケーションを取って、作り上げていってるんだなって」とあまりにも基本的なコメントをしたため、「本気で言ってる意味がわからないんですけど」(戸塚)、「え、一緒に作り上げてなかったの!?」(河合)とメンバーから大ブーイングをくらっていた。

そんな“天然”な塚田だが、この曲のミュージックビデオのスタート部分に出てくる組み体操のようなパートについては、アクロバット経験者の立場からアイデアを出している。河合の案でインパクトのあるポーズからのスタートにしようという流れになり、「河合自体はあまりアクロバットができないので『こういうのもできるよ』って提案したんです」(塚田)と茶化してはいたものの、身体能力の高さを誇るA.B.C-Zらしい仕上がりに。

全体の振付は五関晃一が担当。一度作った振付が河合の提案で全体的に変更となったために、「削る作業は今までもあったけど、あそこまでの全却下はなかったからなぁ(苦笑)」とボヤいていたが、タイトルにちなんでマイケル・ジャクソンのムーンウォークを取り入れるなど、曲の持つスタンダードな雰囲気にぴったりとハマる振付が完成している。

現在平均年齢27歳の彼らだが、これまで積み上げたキャリアを活かして楽曲制作にかかわる姿勢は、もはやアーティストと言っても過言ではないレベル。デビュー当時から評価されているダンスとアクロバットを組み合わせたパフォーマンスの完成度を含め、今回のシングルはそのポテンシャルの高さが垣間見える仕上がりになっている。

“今後叶えたい夢は?”という読者からの質問に五関が「夢は世界ですね。それぐらい、大きく言っておきましょう!」と答え、塚田がおなじみのキャッチフレーズ「筋肉、金髪、塚ちゃんです!」の英語版、「マッスル、ブロンド、TSUKA-CHANです!」を披露していたが、このフレーズを実際に使う日も遠くないのかもしれない。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

A.B.C-Z 五関晃一 塚田僚一 河合郁人 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報