あれは横尾渉の「風を切れの乱」!? Kis-My-Ft2がカウコンの“戦略”を明かす 

2016.2.9

あれは横尾渉の「風を切れの乱」!? Kis-My-Ft2がカウコンの“戦略”を明かす 

横尾さんの前に「風を切れの乱」を起こしたのは、渋谷すばるというアレなライン

 昨年末、約2年ぶりにテレビで生中継が行われた『ジャニーズカウントダウンコンサート2015-2016』(フジテレビ系)。その中の「ジャニーズグループチェンジメドレー」は、関ジャニ∞が「Cha-Cha-Cha チャンピオン」(Sexy Zone)を歌うなど、グループと曲をシャッフルしてパフォーマンスするレアな企画でファンを喜ばせた。

 中でも爆笑をさらったのが、Kis-My-Ft2による「Ultra Music Power」(Hey!Say!JUMP)のパフォーマンスだ。その舞台の裏側について、2月3日に放送されたラジオ番組『キスマイRadio』(文化放送)でメンバーが明かした。

 同曲には、Hey!Say!JUMP知念侑李がハイトーンボイスで「風を切れ~」と歌う見せ場がある。このパートを、キスマイは“歌ヘタ”でおなじみの横尾渉に歌わせたのだ。その怪しげな音程にズッコけ、「おーーい!」とツッコミながら爆笑している知念の姿が、ファンの間でも話題となった。生で聞くとさらに衝撃的だったようで、メンバーいわく「KAT-TUNの亀梨(和也)くんも笑ってたもん」とのこと。

 ファンも横尾がソロパートを取るという予想外の展開に驚き、ネット上で盛り上がっていたが、どうやらこれはキスマイの戦略だったよう。メンバーが明かしたところによると、横尾自身は本番直前まで「オレでいいの?」と言っていたそうだが、そもそも例のパートを誰が歌うかと話し合ったときに、横尾を指したのは二階堂高嗣なのだとか。「(カウコンは)他のグループもあるから、自分たちのキャラクターを出すのが難しい。あの曲の限られたシチュエーションの中で、個性を出すにはどうするか?」(北山宏光)と考えた結果、「うちには横尾っていうすごいバズーカーがいる」(宮田俊哉)とひらめき、見事キスマイらしさをアピールすることができたのだ。

 実際「ジャニーズグループチェンジメドレー」の中で、キスマイのパフォーマンスが一番印象に残っているという人も多いだろう。これには横尾自身も「ネット検索すると『横尾渉 風を切れ』って出るらしい」と満足げで、他のメンバーも口々に「“風を切れの乱”でよかったんじゃないですか」と好意的にまとめていた。

 しかし、リスナーから「横尾が歌った後、メンバーがしてやったり顔をしていたように見えた」というメールが寄せられたように、メンバーの思惑はダダ漏れしていたよう。このメールには、「みんなでドヤ顔してたのがバレちゃってる! 恥ずかしい」「出さないようにしてたのに!」「みんな、ウキウキしてたもんね」と大盛り上がり。

 横尾という、最強の飛び道具を持っているキスマイ。“風を切る男・横尾”を筆頭に、今年も芸能界で新風を巻き起こしてほしいものだ。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Hey!Say!JUMP KAT-TUN Kis-My-Ft2 亀梨和也 横尾渉 知念侑李 関連記事

Hey!Say!JUMPのチケット情報