高校時代の都市伝説以上にグッとくる、SMAP中居&木村のアドリブダンスのエピソード

2016.3.12

高校時代の都市伝説以上にグッとくる、SMAP中居&木村のアドリブダンスのエピソード

しかし、売り上げがいいから先輩が怒るってどんな学校だったんだ!


 3月7日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で明かされた、SMAP・中居正広と木村拓哉の高校時代の“都市伝説”が、ネット上で話題になっている。

 今回の歌のコーナーには、3人組バンド「cero」が登場。ヴォーカルの高城晶平が「僕たちSMAPがすごく好きで」と切り出し、一度聞いてみたかったという質問を投げかけた。それは、同じ高校に通っていた中居と木村が、文化祭のときに教室で出し物をしていた際、ファンの子が集まり過ぎたため「2階の教室の窓から飛び出して逃げた」というウワサ。「僕すごい好きな話なんですけど、それは本当ですか?」と聞かれ、中居&木村は思わず顔をそむけて照れ笑い。木村が「なんで好きな話なの? それが」と逆質問すると、高城は「いや、なんかドラマみたいだな~って。絵が浮かぶなぁ~って」と、告白。

 これに対し、木村は「実は、人がバーっと来ちゃったから、僕らは2階の窓から飛び降りて帰ったんじゃなくて、あまりにウチのクラスに人が来ちゃって。すごい売れ行きだったの、文化祭。そしたら先輩が超怒って、それで逃げたの。もっとドラマみたいでしょ?」と、当時を振り返って説明。照れ隠しなのか、中居は衣装の膝あたりを触ったり、腕組みをしたりして木村の話を聞いていたものの、ceroのメンバーが「そういうことだったんですね」と納得していると、やさしい笑みを浮かべていたのだった。

 “2TOP”などと呼ばれ、多くのファンに愛されている中居と木村コンビ。40歳を過ぎていることもあり、テレビなどでは2人が仲良く話す場面はなかなか見られない状況だが、特に1月の解散騒動後は「不仲説」が根強くなってしまった。しかし、ファンの間では、そんな両者の信頼関係が浮き彫りになっているとして、人気のエピソードがある。

 その一つが、今から10年前、2006年のコンサート『Pop Up! SMAP – 飛びます! トビだす! とびスマ? TOUR』でのこと。ツアーでは、中居がふくらはぎの肉離れ&肋骨を骨折するという危機的状況を迎えたことがあった。その後、9月9日の国立競技場公演は、SMAPにとってCDデビューの記念日という節目だったが、中居は踊れない状態に。ところが、コンサート中盤に組み込まれていた2人のダンスタイムの直前、木村が「中居、前、ヴォーグ!(手や腕を使って表現するダンスの手法)」と指示。中居も木村の動きに合わせて腕を動かし、木村は中居の前でいきなり背中を床につけてまわるウィンドミルに挑戦。中居が思うように踊れなくても、そのコーナーは自分が盛り上げようという気持ちから出たパフォーマンスだったのだろう。なかなか見ることの出来ない光景に、この時は会場のファンも大興奮だったという。

コメント

  1. 名無しだJ より 2016年3月12日 7:39 PM

    十代二十代がK POPやら三代目何とかに行くのも無理ないわな、いつまでアイドルやってんだよ(嘲笑)

    - -

    -
コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SMAP 中居正広 木村拓哉 関連記事

SMAPのチケット情報