『A LIFE』第5話は“医者のジレンマ”が視聴者の胸打つも、フィクションならでのストーリーにツッコミ

2017.2.14

木村拓哉

脚本に恵まれなかったのかな……

 木村拓哉が初めて“医師”を演じることで話題のドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の第5話が、2月12日に放送された。平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)となり、第4話の12.3%から1.6ポイント上昇。14.2%だった第1話から緩やかに下降していただけに、巻き返しが難しい傾向になる中盤での急激な数字の伸びには、熱心なファンも驚きの声を上げている。

 第5話は、木村演じる外科医の沖田一光と、及川光博演じる外科部長・羽村圭吾の対立がひとつの見どころに。関東医師会の事故調査委員に選ばれた羽村は、調査対象に心臓外科の権威である医師・山本(武田鉄矢)の名前を発見し、動揺する。山本は、羽村と壇上壮大(浅野忠信)の学生時代の恩師であり、羽村は山本に心酔していたからだ。「第三者のボクが調査してなにも問題ないと報告すれば、患者も納得してくれるよ」と、山本の潔白を証明することに自信を持っている羽村だが、ある患者が壇上記念病院を訪ねて来たことで、事態が一変する。

 その患者は、山本の執刀で心臓手術を受けたが「息切れがする」と訴え、羽村の診察を受けたいとやってきたのだとか。しかし、初診を担当し患者からの相談を受けた外科医の井川颯太(松山ケンイチ)は、羽村ではなく沖田の元へ。山本が羽村の恩師であることを知っている井川は、「万が一ミスでもあったら、羽村先生も困るでしょうし……」と気を使い、沖田に患者を任せてしまうのだった。しかしこれが、沖田と羽村の対立を招く引き金となる……。

 結局、沖田が患者に医療ミスを伝え、山本は医師の座を退くことに。これを知った羽村が沖田に平手打ちをするという、緊張感あふれるシーンには特に視聴の注目が集まり、「羽村先生のビンタ、沖田先生の激高。スゴい迫力だった……!」「羽村先生の苦しみもわかるし、沖田先生の苦しみもわかる……歯がゆい展開だったな~」と、木村・及川の演技力と、2人の医師の葛藤が綿密に描かれた脚本へ絶賛の声が多かった。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SMAP 木村拓哉 関連記事

あなたにおすすめのチケット情報