夏季休暇 の発送・お問い合わせに関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

 

2022年8月13日(土)~2022年8月16日(火)

 

休業中にいただきました、ご注文・お問い合わせにつきましては、
営業再開の8月17日(水)以降、順に対応させていただきます。

 

また、8月11日(火)にいただいた、ご注文・お問い合わせにつきましても、
8月17日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

三宅健がファルセットの名手なのは、小中学生のときのとんでもない“反抗”ゆえ?

2017.4.1

三宅健

健ちゃんの先生に同情しちゃう……

 V6三宅健がパーソナリティを務めるラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm)。3月13日深夜放送回では、V6の新曲「Can’t Get Enough」について、「結構歌い分けがややこしくて。2人で歌う時もファルセットと低音に分かれて歌ってるんですよ」と語っていた。厚みのあるファルセットを出せる三宅は「頼りがいにされて歌いましたけども、今回。『健くんにかかってる』ってスタッフさんに言われて、実のあるファルセットをお届けしてますから」と自信満々な様子。そんな中、27日深夜に放送された同ラジオ番組で、そのファルセットが得意な理由について明かした。

 番組の中盤で、「今回の『Can’t Get Enough』のレコーディングがさ、ファルセットがたくさん出てきて(メンバーが)大変だって言うんだけど、僕にとっては全然大変じゃない。いとも簡単にできちゃう」と得意げに話す三宅。というのも、学生時代、音楽のテストは毎回オールファルセットで歌ってたため、発声が鍛えられたのだとか。「普通ファルセットって、声がか細くなっちゃうの。どうしても、小さくなっちゃったり、厚みがなくなっちゃったりするんだけど。でも、散々ファルセットを幼少期に歌ってきてるおかげで、すごく実のあるファルセットが歌えるようになったんですよ」と説明。

 なぜファルセットで歌っていたかというと、「音楽の授業で人前で歌を歌うのがとにかく嫌いだったわけ、恥ずかしいから。隣の人にも聞かれたくないから、口パクをしてたの。だけど音楽のテストがあって、一枚の戸を隔てた向こうに次の生徒が待機してるわけよ、同じクラスメートが。絶対に歌を聞かれちゃうじゃない、嫌だったの。そこで編み出した技が、オールファルセットっていう。本当の僕の声は聞かれなくて済むと思ったわけ」と、三宅らしい謎理論を展開。

コメントをもっと読む

コメントを書く 投稿の利用規約

(コメント掲載に5分ほどかかる場合があります)

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

V6 三宅健 関連記事